ニュース
» 2012年08月20日 23時55分 公開

「制作者もみんな実況するといいよね」――「ぷよぷよ」「ドシン」「かまいたち」の3人が「ゆめにっき」を実況して感じたこと日々是遊戯(1/3 ページ)

8月10日から13日にかけ配信された「SIRENシリーズ+人気ホラーゲーム一挙クリア81時間ぶっ通し! 実況」。人気の生主や実況主らがホラーゲームに挑戦する中、唯一「ゲームクリエイター」枠で参加した、米光一成氏、飯田和敏氏、麻野一哉氏の3人に、ゲーム実況についてどう見ているのか質問をぶつけてみた。

[池谷勇人,ITmedia]

 好き嫌いはさておき、今やすっかり「当たり前」のものとして定着しつつある、ゲームの「実況プレイ」文化。特に最近ではニコニコ生放送やUstreamなどの普及も手伝って、以前にもまして、誰でも手軽にゲームプレイの様子を配信できるようになってきた。

 一方で、ゲームの映像配信をめぐっては、いまだに著作権やネタバレなどを問題視する声もある。そんな中、ゲームクリエイターはゲーム実況についてどう見ているのだろうか。先日行われた、ニコニコ生放送の公式番組「SIRENシリーズ+人気ホラーゲーム一挙クリア81時間ぶっ通し! 実況」(※)で、ホラーインディーズゲーム「ゆめにっき」の実況パートを担当した、ゲームクリエイターの米光一成氏、飯田和敏氏、麻野一哉氏の3人をつかまえて、ゲーム実況の是非や、実際に実況してみてどう感じたかなどを聞いてみた。

 なお、このインタビューは3人の実況が終わった直後、スタジオ脇の控え室で収録したもの。ここでのコメントはあくまで個人の見解であり、業界やそれぞれの所属会社などを代表するものではないことを最初に断っておきます。

※ニコニコ動画で活躍する実況主、生主、歌い手、踊り手、ボカロP、演奏者などがリレー形式で10本のホラーゲームに挑戦し、81時間で累計約240万人が視聴した。8月31日まで回数無制限でタイムシフト視聴可能、3人の出番は30時間00分から。

画像 左から順に、飯田さん、米光さん、麻野さん。共著に「日本文学ふいんき語り」「ベストセラー本ゲーム化会議」などがあり、息が合っているのか合っていないのかよく分からない、ゆるっとした実況スタイルで視聴者の笑いを誘った。

「ゆめにっき」実況を終えて

(控え室へ帰ってきた3人。麻野さんがタバコを補給している間に、米光さん、飯田さんにゲームの感想を聞くことに)

―― 「ゆめにっき」、遊んでみていかがでしたか?

飯田和敏(以下、飯田) あのね、RPGツクールで作ったら普通さ、RPGを作っちゃうじゃない。

米光一成(以下、米光) バトルないんだもん、RPGじゃない!

飯田 そこがすごいなって。なまじ僕らはプロでやってきたからさ、やっぱり固定観念みたいなのがあって。だから「やられた!」って思った。

―― 麻野さんも実況しながら「おれだったらついテキスト書いちゃう」って言ってましたね。

米光 伝えようとしちゃうんだよね。まとめようとしちゃうっていうかさ。

飯田 過剰に演出しちゃう。

米光 そうそう。

画像 作者のサイトより「ゆめにっき」のゲーム画面。ストーリーや目的はなく、夢の中をひたすら歩き回るだけのゲームで、ニコニコ動画内ではプレイ動画が数多く投稿されている人気作品。

飯田 米光さんは最初と最後を担当したけどさ、明らかに後半ハマってたよ。最初すっごいイヤがってたのに。

米光 あの世界のルールに入り込んじゃってたんだよ。普通ゲームって暗黙のルールみたいなのがあるじゃん。行き止まりにキャラクターが立ってて、調べるとなんかヒントとかアイテムくれるとかさ。

飯田 うん。

米光 そういうのがないんだよ、あのゲーム。それが積み重なっていくと、自分の中にあるルールがモロモロ壊れてくんだよね。

飯田 いいねえ。

米光 ダメでしょ! あっちのルールに取り込まれていってるってことだからさ、あれに取り込まれすぎると現実世界で……。

飯田 刺したりしちゃう?

米光 うん。100円ショップで買って……(※)。

※かなりきわどいネタなので以下自粛

―― 実況中もけっこう危ないこと言いそうでヒヤヒヤしました。

米光 なんかさ、言いたくなっちゃうんだよね。

飯田 生だしね。

米光 ニコ生の魔力ってあるよね。だっておれ部屋でゲームしててあんなリアクションしないもん。

飯田 100万人と一緒にゲームやるなんてはじめて(※)だよね。超アガった。

※3人が実況している最中に、ちょうど累計来場者数が100万人を突破した

画像 実況中の3人。最後は飯田さんが突然ギターをひきはじめ、3人で「ゆめにっき」の歌を即興で歌う場面も。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」