ニュース
» 2012年08月23日 17時23分 公開

続・「ドラゴンクエストX」に感じた「オフラインゲームっぽさ」考――「DQX」は「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だ!日々是遊戯(1/3 ページ)

以前書いた「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事の続きです。あれからさらに80時間ほどプレイしてみて、あのとき感じた「オフラインゲームっぽさ」はどう変わった?

[池谷勇人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

あれからかなり遊びました

 どうも、レベル36になってマホトラを憶えました。プクリポの魔法使い、てっけんです。

 「ドラゴンクエストX(以下、DQX)」、現在のプレイ時間は90時間とちょっと。前回、まだ発売されたばかりの段階で「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事を書きましたが、あれからさらに80時間近く遊んでみて、その後どう感じたかをあらためて書いておこうと思います。

画像 現在のてっけんさん。ソロでばっかり遊んでるので、レベル36なのにまだレベル28装備だったりします

MMORPGのクセに、誰かと遊ばなくていい

 結論から言うと、最初に感じた「オフラインゲームっぽい」という直感はやっぱり間違ってなかった。僕は「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと思ってます。

 第1には、前回も書いた「主人公が勇者である」という点。厳密には勇者とはちょっと違いますが、少なくとも「どこにでもいる冒険者の1人」ではない「特別な誰か」として最初からはっきりと描かれています。だから何千人、何万人が遊ぶオンライン世界であっても、ストーリーは常に自分中心で進んでいく。

画像 オフラインで展開されるプロローグ部分。ここで起こる「ある衝撃的な事件」が、プレイヤーをオンラインの世界へと旅立たせるきっかけになります

 2つ目はもっと直接的な意味での「スタンドアローン」。そもそも本作、MMORPGのクセに、誰かと一緒に遊ぶ必要がまったくないんですよ!!

 1人の時は大体、酒場で「サポート仲間」と呼ばれるAIキャラ(ログアウトしている他のプレイヤー)を雇ってパーティを組むわけですが、これがちょっとビックリするくらい使える。実際、サポート仲間さえいれば1人で遊ぶのにまったく不自由ないレベルで、中ボスクラスの相手でも、少しレベルを上げていけば全然なんとかなってしまう。

画像 酒場でサポート仲間を探しているところ。お金は多少かかるけど、4人でちょっと戦えばすぐ回収できるレベル

 僕はオンラインゲームの人間関係ってけっこうニガテで、初期の「FF11」のような、パーティ必須のバランスだったらちょっとイヤだなあ――などと最初は思ってました。でも実際遊んでみると、生身の人間とパーティを組むのは、本当に親しい友達に誘われた時くらいで、それ以外はほとんどソロでOK。それでいて、町をウロウロしてると他の人の会話が耳に入ってきたり、モンスターと戦っていると誰かが「おうえん」してくれたりと、ちゃんと他のプレイヤーの存在は感じられる。このへんが「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと感じた理由です。

画像 町の外で戦っている人を見ると、ほとんどの人がソロプレイなことに驚きます(頭上のアイコンでサポート仲間かどうかは判別可能)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」