ニュース
» 2012年08月23日 17時23分 公開

続・「ドラゴンクエストX」に感じた「オフラインゲームっぽさ」考――「DQX」は「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だ!日々是遊戯(1/3 ページ)

以前書いた「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事の続きです。あれからさらに80時間ほどプレイしてみて、あのとき感じた「オフラインゲームっぽさ」はどう変わった?

[池谷勇人,ITmedia]

あれからかなり遊びました

 どうも、レベル36になってマホトラを憶えました。プクリポの魔法使い、てっけんです。

 「ドラゴンクエストX(以下、DQX)」、現在のプレイ時間は90時間とちょっと。前回、まだ発売されたばかりの段階で「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事を書きましたが、あれからさらに80時間近く遊んでみて、その後どう感じたかをあらためて書いておこうと思います。

画像 現在のてっけんさん。ソロでばっかり遊んでるので、レベル36なのにまだレベル28装備だったりします

MMORPGのクセに、誰かと遊ばなくていい

 結論から言うと、最初に感じた「オフラインゲームっぽい」という直感はやっぱり間違ってなかった。僕は「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと思ってます。

 第1には、前回も書いた「主人公が勇者である」という点。厳密には勇者とはちょっと違いますが、少なくとも「どこにでもいる冒険者の1人」ではない「特別な誰か」として最初からはっきりと描かれています。だから何千人、何万人が遊ぶオンライン世界であっても、ストーリーは常に自分中心で進んでいく。

画像 オフラインで展開されるプロローグ部分。ここで起こる「ある衝撃的な事件」が、プレイヤーをオンラインの世界へと旅立たせるきっかけになります

 2つ目はもっと直接的な意味での「スタンドアローン」。そもそも本作、MMORPGのクセに、誰かと一緒に遊ぶ必要がまったくないんですよ!!

 1人の時は大体、酒場で「サポート仲間」と呼ばれるAIキャラ(ログアウトしている他のプレイヤー)を雇ってパーティを組むわけですが、これがちょっとビックリするくらい使える。実際、サポート仲間さえいれば1人で遊ぶのにまったく不自由ないレベルで、中ボスクラスの相手でも、少しレベルを上げていけば全然なんとかなってしまう。

画像 酒場でサポート仲間を探しているところ。お金は多少かかるけど、4人でちょっと戦えばすぐ回収できるレベル

 僕はオンラインゲームの人間関係ってけっこうニガテで、初期の「FF11」のような、パーティ必須のバランスだったらちょっとイヤだなあ――などと最初は思ってました。でも実際遊んでみると、生身の人間とパーティを組むのは、本当に親しい友達に誘われた時くらいで、それ以外はほとんどソロでOK。それでいて、町をウロウロしてると他の人の会話が耳に入ってきたり、モンスターと戦っていると誰かが「おうえん」してくれたりと、ちゃんと他のプレイヤーの存在は感じられる。このへんが「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと感じた理由です。

画像 町の外で戦っている人を見ると、ほとんどの人がソロプレイなことに驚きます(頭上のアイコンでサポート仲間かどうかは判別可能)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」