ニュース
» 2012年08月23日 17時23分 公開

続・「ドラゴンクエストX」に感じた「オフラインゲームっぽさ」考――「DQX」は「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だ!日々是遊戯(1/3 ページ)

以前書いた「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事の続きです。あれからさらに80時間ほどプレイしてみて、あのとき感じた「オフラインゲームっぽさ」はどう変わった?

[池谷勇人,ITmedia]

あれからかなり遊びました

 どうも、レベル36になってマホトラを憶えました。プクリポの魔法使い、てっけんです。

 「ドラゴンクエストX(以下、DQX)」、現在のプレイ時間は90時間とちょっと。前回、まだ発売されたばかりの段階で「『ドラゴンクエストX』に感じた『オフラインゲームっぽさ』」という記事を書きましたが、あれからさらに80時間近く遊んでみて、その後どう感じたかをあらためて書いておこうと思います。

画像 現在のてっけんさん。ソロでばっかり遊んでるので、レベル36なのにまだレベル28装備だったりします

MMORPGのクセに、誰かと遊ばなくていい

 結論から言うと、最初に感じた「オフラインゲームっぽい」という直感はやっぱり間違ってなかった。僕は「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと思ってます。

 第1には、前回も書いた「主人公が勇者である」という点。厳密には勇者とはちょっと違いますが、少なくとも「どこにでもいる冒険者の1人」ではない「特別な誰か」として最初からはっきりと描かれています。だから何千人、何万人が遊ぶオンライン世界であっても、ストーリーは常に自分中心で進んでいく。

画像 オフラインで展開されるプロローグ部分。ここで起こる「ある衝撃的な事件」が、プレイヤーをオンラインの世界へと旅立たせるきっかけになります

 2つ目はもっと直接的な意味での「スタンドアローン」。そもそも本作、MMORPGのクセに、誰かと一緒に遊ぶ必要がまったくないんですよ!!

 1人の時は大体、酒場で「サポート仲間」と呼ばれるAIキャラ(ログアウトしている他のプレイヤー)を雇ってパーティを組むわけですが、これがちょっとビックリするくらい使える。実際、サポート仲間さえいれば1人で遊ぶのにまったく不自由ないレベルで、中ボスクラスの相手でも、少しレベルを上げていけば全然なんとかなってしまう。

画像 酒場でサポート仲間を探しているところ。お金は多少かかるけど、4人でちょっと戦えばすぐ回収できるレベル

 僕はオンラインゲームの人間関係ってけっこうニガテで、初期の「FF11」のような、パーティ必須のバランスだったらちょっとイヤだなあ――などと最初は思ってました。でも実際遊んでみると、生身の人間とパーティを組むのは、本当に親しい友達に誘われた時くらいで、それ以外はほとんどソロでOK。それでいて、町をウロウロしてると他の人の会話が耳に入ってきたり、モンスターと戦っていると誰かが「おうえん」してくれたりと、ちゃんと他のプレイヤーの存在は感じられる。このへんが「DQX」を「みんなで遊ぶスタンドアローンゲーム」だと感じた理由です。

画像 町の外で戦っている人を見ると、ほとんどの人がソロプレイなことに驚きます(頭上のアイコンでサポート仲間かどうかは判別可能)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」