ニュース
» 2012年09月01日 15時15分 公開

アニメ「ココロコネクト」が炎上 悪趣味すぎるドッキリ企画に「いじめ・パワハラ」の声

eufonius・菊地創さんの不用意発言から飛び火し、ついにはアニメ自体まで炎上する事態に。

[ITmedia]

 放送中のアニメ「ココロコネクト」が炎上している。もともとは主題歌を手がけるeufonius・菊地創さんの不用意発言がきっかけだったが、ついには作品自体にも飛び火。炎上の経緯をまとめたwikiも作られ、ニコニコ動画で配信中の最新話には「いじめアニメ」「スタッフははやく謝罪しろ」といったコメントが書き込まれた。また騒動の余波を受けてか、HiBiKi Radio Stationは8月31日、「ココロコネクト 文研新聞 〜ラジオ版〜」の配信を諸事情により停止すると発表した。



 そもそものきっかけは、eufonius・菊地さんの不用意発言だ。菊地さんは少し前に、歌手の桃井はるこさんの「わたしの夢は自分が作った曲がカラオケに入ることだった。」というつぶやきに対し「しょうもない」などと絡み、のちに謝罪するという騒動を起こしていた。また、この件が話題になると「最近バカ多過ぎて笑えるよね〜っ♪」「日本の作曲家100人がかりで攻めてこられてもデコピン一発で弾き返せるくらいeufoniusはオンリーワン♪」といった過去の「菊地語録」が次々と掘り起こされ、Togetterにもまとめられるなど、ちょっとした祭り状態に。やがてネット民の感心は菊地さんだけでなく、菊地さんが主題歌を手がけた「ココロコネクト」にも向かうようになっていった。


 一方、「ココロコネクト」側で問題視されているのが、同アニメの「宣伝部長」を決めるために行われた「ドッキリ企画」だ。声優の市来光弘さんに偽のオーディションを受けさせ、6月の先行上映イベントに市来さんを招くと、ステージ上で「実は声優ではなく宣伝部長のオーディションだった」とネタばらしをした。イベントの様子はUstreamにもアーカイブされており、現在も見ることができる(ドッキリ部分は1時間6分あたりから)。

画像

画像

 動画を見るかぎり、市来さんは本当にドッキリの内容について知らされていなかったように見える。何も知らずにオーディションを受けている様子がスクリーンに映し出されると、突然の出来事に困惑する市来さんをよそに、関係者たちは爆笑。来場客や関係者の前で笑い者にされた市来さんに、アニメファンや同じ声優仲間からは同情が集まった。また、関係者の「よかれと思ってやった」「オーディションのときさー笑わないようにするの大変でしたよ」といった発言も炎上にさらなる油を注いだ。

 現在、関係者はこの件についてコメントしておらず、どういった意図で行われた企画なのか、市来さんにどの程度企画内容を説明していたのかなどは不明。しかし、いずれにしても真剣にオーディションに挑む姿を笑うという企画自体、決して趣味のいいものとは言えないだろう。ネットでは「パワハラ(パワーハラスメント)同然」「まるでいじめ」といった指摘も見られ、アニメや原作そのものに罪はないとは言え、まだまだ炎上は収まる気配を見せていない。


9月2日午後3時追記

 9月2日、公式サイト内の「NEWS」ページにて、スタッフ一同名義で「多くの方に不快感や誤解を与える結果となってしまいました」との謝罪文が掲載された。(関連:「ココロコネクト」炎上に公式コメント 「恣意的な改ざん行為により、多くの方に誤解や混乱」


9月2日午後9時50分追記

 9月2日午後4時ごろ、市来光弘さんがブログで正式に「僕はあれをイジメやパワハラなどとは思っていません」とのコメントを掲載した。(関連:「ココロコネクト」炎上に市来光弘さんが正式コメント「僕はあれをイジメやパワハラなどとは思っていません」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響