ニュース
» 2012年09月03日 08時56分 公開

流行は回帰する……ブログが再び面白い理由

最近のブログはより「自分の日記」という意味合いが強い半面、他ユーザーとのコミュニケーションはそれこそTwitterやFacebookといったSNSで行うといった住み分けができているということではないだろうか。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

「最近またブログが面白くなってきてさー」

こうつぶやくのは、独女の礼子さん(35歳・会社員)。礼子さんがブログで日記を綴っていたのは8年前。ハンドルネームで自身の恋愛や仕事の愚痴、時には下ネタなどリアルな友人には言えないような本音をぶちまけていた。

しかしその後、mixiの流行により礼子さんの日記はそちらへ移行。そしてさらに近年はTwitterにハマり、mixiはおざなり状態だったというのだ。

「Twitterが面白くなったのもあるけど、周りも全然mixiにアクセスしていないっていうのも原因。でも最近、なんかすごく長文が書きたい! という欲求が出てきた」

たしかにTwitterの一度の投稿は140文字。もちろん何度も投稿できるが、長文を綴りたい人にとってみれば、わずらわしいのも事実だろう。そこで礼子さんが再び始めたのは、mixiではなく以前利用していたブログ。リアルな友人には一切知らせない場所として開設したのだという。もちろん、話を聞いている筆者にもブログ名などは一切教えてくれなかった。

「今までmixiもTwitterも、公開しているのは基本的にリアルな知り合い。そういう人に向けての内輪的楽しさももちろんあるけど、その反面変なことは書けない面倒くささもある。その点リアルな友人に公開していないブログだと、もうなんでもアリだから。今は特にブログなんて芸能人のアメブロくらいしか注目されていないし、絶対に見つかりっこないから安心」

確かに現在のブログで盛況なのは、芸能人ブログと2ちゃんねるの面白いネタをまとめたブログなど。一般人のリアルな日記は、ほとんど人気ランキングに入って来ないのが現状だ。そこから名前も違うハンドルネームのブログを特定するのは、かなり難しいだろう。つまり、リアルバレをせずに言いたいことがかけるチャンスでもあるのだ。

ちなみに「リサーチバンク」が行った「ブログに関する調査」内の「ブログを書く目的」の調査によると、2008年で1番多かったのは「自分の日記、備忘録として」で54.7%。2010年の調査でも1番多いのは「自分の日記、備忘録として」なのだが、その割合は63.5%とかなり増えている。しかし「ネット上でのコミュニケーションのため」という人は2008年が25.3%なのに対し、2010年では19.0%とこちらは減っている。

この数字が意味するのは、最近のブログはより「自分の日記」という意味合いが強い半面、他ユーザーとのコミュニケーションはそれこそTwitterやFacebookといったSNSで行うといった住み分けができているということではないだろうか?

また「ブログ不振の今だからこそ、ちょっと巡ってみるととんでもない上玉ブログが発見できたりする面白さがあります」と語るのは、IT系編集者のAさん。

「例えば最近“まんしゅうきつこ”さんという漫画家のブログが大人気を博しているのですが、彼女は単行本も連載もなく、ブログの面白さだけで知名度を上げている人物です。彼女のブログはイラストと文章で構成されているんですけど、そういう表現ができるのはブログならではだと思います」

確かにイラストや写真など、さまざまな表現方法で構成できるのはブログならではだろう。TwitterやFacebookといった自己表現の場が多様化している分、流行に流されず好きに自己表現をしたいという、ある意味“濃い”人がブログで活動しているのかもしれない。

かなり昔に更新をやめ、ブログを放置している人はたくさんいると想像する。そういう人は今一度またブログと向き合ってみてはいかがだろうか? 今だからこそ感じる面白さが発見できるかもしれない(橋口まどか)

(参考リンク)

記事提供元:独女通信

livedoor CC-BY-ND

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声