ニュース
» 2012年09月04日 11時52分 UPDATE

女子大生に「Facebook」疲れなし? 女子アプリコンテスト受賞者に聞いた今時ネット事情 (2/2)

[池田園子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Facebookは写真共有用、Twitterはつぶやき用

 さらに2人に、イマドキ女子大生のスマホやアプリ、ソーシャルメディアなどネット事情について聞いてみた。マイナビの調査によると、約4割の学生がFacebookを使っているという。女子大生の間でも当然Facebookは「インフラ」と化している。ただし、使い方に特徴がある。

ah_21-IMGP5716.JPG

 「Facebookはみんなと写真を共有するために使っています。カメラを忘れたときには友達に写真をFacebookにアップしてもらいます。飲み会やイベントの写真は大体Facebookですね。とても便利。アップされた写真をシェアしたり、タグ付けしたりととにかく写真中心。同じSNSでいうとTwitterも使っていますがつぶやくとき専用です。友達もそんなふうに使い方を分けている人が多いです」(髙木さん)

 若者は「Facebook疲れ」とは無縁らしい。そもそも写真アップのツールとしてしか使わないし、働く大人たちのように上司や取引先が「友達」にいるというようなしがらみはゼロ。ちょっとうらやましい。それでも「就活のときFacebookはチェックされるから、変な写真はアップしないようにとか、公開範囲に気を付けなさいとか聞きます(笑)」と、それなりに気も使っているようだ。

 mixiについては「カットモデルを募集しているコミュニティーはよく使います」と髙木さん。Google+はFacebookと似ていて、写真共有用に使う人もいるのだとか。確かに写真の受け渡しはしやすい。彼女らがソーシャルメディアを効率良く使っているのが浮き彫りになった。

メッセアプリが人気 LINEは鉄板

 女子大生の間で人気のアプリと言うと、やはりLINE。「私は3人くらいのグループで使うことが多いです。メールを作るよりもLINEの方が楽だし早い。スタンプだけを送り合ってコミュニケーションすることもあります」と慶野さん。

 heytellという無料のボイスメッセージもよく使われているのだとか。「いちいち文章を書かなくてもいいので早いんです。たまにふざけて『バーカ』とか吹き込んで送ったりもします(笑)」といたずらっ子ぽく笑う慶野さん。学生たちの間で音声を吹き込んで送る、というのは結構一般的らしい。連絡ツールはFacebookメッセージやLINE、パソコンのメールがメインの年上のおねえさんには、とても新鮮です。

 「アプリを作ったくらいだし、IT系の企業に就職したいの?」という筆者の質問に、2人は「まだ全然考えてないです」。それでもアプリは作りたい。写真アプリもいいけど、手持ちの服を整理できるアプリが欲しいな、とおしゃべりが始まった。意外とこういう子たちがその道に進むんだろうな――2人の楽しそうな様子を見て、なんとなくそう思った。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.