ニュース
» 2012年09月12日 08時54分 公開

IKAROS復帰を確認! さすが日本の宇宙技術!「IKAROS」が冬眠モードより復帰

冬眠モードに移行し、電波が途絶えていた「IKAROS」の再発見および冬眠モードからの復帰が確認できた。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

2010年5月21日、6時58分22秒に、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」を搭載したH-IIAロケット17号機が種子島宇宙センターから打ち上げられた。その後のIKAROSの分離もロケット側の信号で確認。さらにセイル展開、ソーラー電力セイル展開状態の撮像、分離カメラ1の撮像実験といったチェックから定常運用移行し、数々のミッションをこなしてきたIKAROSだが、今年の1月6日までに太陽との距離や太陽光を受ける角度による影響で発生電力が低下、それによる搭載機器シャットダウンで、いわゆる“冬眠モード”へと移行、電波が途絶えた。

その後も、太陽との距離や展開したセーラーが受ける太陽光の量の回復が期待されたため、運用チームは二週間に一度、眠っているであろうIKAROSにコマンドを送信し続けること8か月。予想通り冬眠モードから復帰したIKAROSらしき返信を受信することに成功。あきらめかけていたIKAROSの再発見および冬眠モードからの復帰を確認できた。今後、冬眠時にIKAROSが何をし、何が起きていたかがわかるというので、発表が楽しみだ。

はやぶさも数々のトラブルを乗り越えて地球に帰還してきたが、IKAROSにも同じ日本のテクノロジーが詰まっている。そしてその不屈の精神も、またはやぶさ同様だということが今回のモード復帰によって証明されたと言えるのではないだろうか。

※初出時、毎日としてましたが二週間に一度とのことで修正しました。ご指摘感謝!

togetter:IKAROS(JAXAの小型ソーラー電力セイル実証機)の冬眠からの復旧の情報に沸き上がる宇宙クラスタTL


記事提供元:ITライフハック

関連キーワード

IKAROS | 宇宙 | ロケット | はやぶさ


livedoor CC-BY-ND

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」