ニュース
» 2012年09月13日 14時56分 公開

DL販売サイトでアニメ無断配信 原作者の渡辺浩弐氏が法的措置へ

アニメ「プラトニックチェーン」の無断配信に対し、原作者の渡辺浩弐さんが法的措置を検討している。

[ITmedia]

 渡辺浩弐氏原作のアニメ「プラトニックチェーン」が、エイシスの運営する「DLsite.com」、アットリンクスの運営する「Digiket.com」などのダウンロード販売サイトで無断配信されていた件で、渡辺氏が法的措置に踏み切る姿勢を見せています。詳しい経緯はTogetterでもまとめられています


 フォロワーのツイートをきっかけに「プラトニックチェーン」が無断で有料配信されているのを知った渡辺氏。「僕は著作権者の一人ですが許諾した覚えがありません」と表明すると、これに対し「DLsite.com」のアカウントが「担当に確認したところ、データ納品元より配信停止依頼が来ており、現在配信停止対応途中のことでした。もし何かあればお電話やメールでお気軽にお問い合わせください」と返信。しかし渡辺氏は「『お電話やメール』ではなく法的措置にて、『お気軽に』ではなく深刻に、アクションを起こそうと思います」と、厳しく対応する姿勢を見せました。

画像 DLsite.comの「プラトニックチェーン」販売ページ。渡辺氏がTwitterで反応すると、すぐに動画は取り下げられた模様


「DLsite.com」は作品の委託販売を担当するサイトであり、各作品の著作権処理については曖昧な部分が多いのが現状。渡辺氏は日刊SPA!のコラム「渡辺浩弐の日々是コージ中」にて、「『弊社は販売店』という逃げ口上に驚愕しました」「これでは日本の著作権ビジネスは崩壊します」などと配信プラットフォーム側の著作権管理を問題視し、「この事態を是正する方法として、刑事事件として成立させることを、今は考えています」と意思表示しています。

 ネット上では「訴える相手は勝手に売った奴であるべきでは」「配信業者にはそうならないように対策を講じる義務はあるはず」などと賛否両論の議論に発展。複雑化する著作権問題を考える上で今後の展開に注目が集まっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー