ニュース
» 2012年09月16日 12時22分 公開

ち、血があぁぁああぁ! Web漫画「o-157と溶血性尿毒症症候群になって入院したよ」の衝撃

血、げろ、汗、涙……全コマの半分くらい、ゆる〜く体液だしてます。

[ITmedia]

 電子書籍サイト「パブー」に掲載されているWebエッセイ漫画「o-157と溶血性尿毒症症候群になって入院したよ(ハート)」。致死率50%(!?)と言われる大病にかかった作者・窓ハルカさんが、無事に退院するまでを10ページ52コマにわたって描いたエッセイ漫画です。ゆるい絵柄とは裏腹に、闘病生活のものすごさや、体液出まくりのスプラッター展開を受けて「怖い」「すさまじい」などと話題になっています。

画像 表紙にはオムツ姿の作者が。おしっこを流すクダまでつけられている

画像 全裸で大の字になりながら、おしりからドバーッと血を出すコマがすごい

画像 寝たきり生活からようやく立てるようになったあかつきに、病室の窓から田園風景をながめながら尿瓶に立ちションをする作者の1コマも

 表紙には作者本人と思われる笑顔の女の子。しかしよく見ると、目の下にはクマ、体のいたるところからは点滴や人工透析のクダが伸びており、にこやかな表情とは裏腹に、なにやら大変な状態になっていることがうかがえます。

 赤や緑、紫など原色を大胆に使ったカラーリングは「怖い」の一言。一方で、体を張った自虐ネタや、どこか諦観をただよわせるモノローグのおかしみなど、思わず誰かに紹介したくなる魅力も随所に溢れています。

発病したのは2010年9月です。入院中は1カ月以上、薬しか摂取しなかったので、うんこからフルーティでいい匂いがしました。ほかにも肉体・精神的苦痛からか幼児退行してしまい、一人称がじぶんの名前になって3歳児のような話し方になっちゃいました。

退院してからも体調不良が続きましたし、透析や輸血をしたせいか1年以上は肌が弱くなり湿疹等に悩まされましたが、現在は完治し、みるみる肥えて健康体です。(窓ハルカさんより)

 上記は作者さんからいただいたコメント。フルーティ・フレーバーうんこって嬉しいものなのでしょうか……。でも、何はともあれ、今の生活が元気そうで本当に良かったです(涙)。

 エッセイ漫画は作者の人柄が大切ですが、自身の尿道にクダをさすシーンとか、お世話になった主治医の先生に「でもこの人キライ」とさらっと書き添えてみたりとか、窓ハルカさんの爽快なたくましさに引かれる人は多そう。作品は無料で読めますので、ぜひこの笑える“ゆるグロ”さを体感してみてください。

 なお、現在は漫画やイラストなどのお仕事を募集中とのこと。窓ハルカさんのブログはこちら、Twitterアカウントは@madogwとなっています。

関連キーワード

漫画 | 入院 | 電子書籍 | パブー | 面白い


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」