ニュース
» 2012年09月21日 11時17分 公開

狙った相手のおしゃべりをストップさせる「SpeechJammer」にイグ・ノーベル賞 産総研の研究者ら開発

「SpeechJammer」を向けた相手はしゃべれなくなってしまう。

[ITmedia]

 産業技術総合研究所(産総研)が、ユーモラスな発明に贈られる「イグ・ノーベル賞」を受賞した。

 受賞したのは、狙った相手のおしゃべりを妨害するシステム「SpeechJammer」。黒い箱に取っ手が付いたような形で、人に向けると、肉体的苦痛を与えることなく、その人をしゃべれなくすることができる。産総研の情報技術研究部門メディアインタラクション研究グループの栗原一貴氏と、科学技術振興機構さきがけの塚田浩二氏による研究だ。

 人は、自分が話したことを自分の耳で聞いて、それを脳内で照合して自分が正しく話せていることを確認することで、うまく話せていると言われている。聴覚遅延フィードバックは、人が話したことを数百ミリ秒程度の遅延を加えて当人の聴覚に音声をフィードバックする。これにより、脳内で照合したときに正しく話せていないと脳が認識し、うまくしゃべれなくなる。

 SpeechJammerは指向性マイクと指向性スピーカーを組み合わせて試作されたもの。聴覚遅延フィードバックを利用して、外部の離れた場所から特定の人の発話を阻害する。話者だけに作用するため、それ以外の周囲の人たちには無害だ。産総研は、会話のマナーとルールの制御、プレゼンのトレーニングなどに応用することを検討している。

 このほか、物理学賞には英ケンブリッジ大学のポニーテールの力学に関する研究が選ばれた。ポニーテールを形づくり、動かす力の均衡について計算した。カリフォルニア大学の研究者は「なぜコーヒーを持って歩いているとこぼれるのか」についての研究で流体力学賞を受賞した。

 文学賞を受賞したのは米政府説明責任局。報告書に関する報告書についての報告書に関する報告書を準備することを勧める報告書についての報告書に関する報告書を発行したことが受賞理由という。

関連キーワード

産総研 | イグ・ノーベル賞


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」