ニュース
» 2012年09月27日 15時20分 公開

鳥羽市に「真珠の耳飾りの海女」誕生 フェルメールもびっくりの再現度

親子3代とも現役の海女という地元の一家がキャンペーンガールを務めています。

[ITmedia]

 海女が日本一多い街・三重県鳥羽市と鳥羽市広告宣伝戦略委員会がこのほど、新しい観光キャンペーンを始めた。まずはWebサイト「恋する鳥羽」をリニューアル。親子3代ともに現役の海女という、地元の中川さん一家をキャンペーンガールに起用した。

 中川家は同市内で民宿を営む一方、祖母・寿美子さん(73歳)、母・早苗さん(40歳)、娘・静香さん(21歳)が現役で海女をしている全国でも珍しい3世代海女一家。同市が養殖真珠発祥の地であることから、Webサイトでは、画家フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」をモチーフにした「真珠の耳飾りの海女」として、早苗さんと静香さんが登場している。

画像 「真珠の耳飾りの少女」そっくりの格好・ポーズ
画像 口元にかすかな笑みをたたえるあたり、クオリティー高いです
画像 3世代集合
画像 祖母・寿美子さんは海女歴55年以上!

 今回のリニューアルでは、ソーシャルボタンを設置するなど、ソーシャルメディアとの連携を強化。真珠、食、旅の3つの切り口で鳥羽の魅力を伝えている。10月27日には都内のレストラン「六本木農園」でイベント「海女ナイト」を開催。海女が採った魚介類を中心とした料理を提供する。

画像 伊勢神宮で20年に1度の神宮式年遷宮が来年行われることから観光PR企画がスタート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む