ニュース
» 2012年09月29日 20時00分 公開

これはまさに猫かぶりゲーム! 素敵なアプリ名通り、肉球はんこを押すだけの簡単なお仕事ニャ! 「ハンコ de ニャンコ」【Androidアプリ】

「ハンコ de ニャンコ」はネコの肉球でスタンプを押すゲーム。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

一家に1個は欲しい肉球はんこ!

ネコといえば肉球ですよね!!! あのプニプニ感がたまりませんっ! そんな肉球をフィーチャーしたAndroid向けアプリ スタンプ押しゲーム「ハンコ de ニャンコ」を紹介するニャ!

なんと、このアプリは9月18日(火)にリリースされたばかりのホヤホヤのアプリ! どんなゲームに仕上がっているのか詳しく見ていきたいと思いますニャニャン!

ステージは全部で3つ! フリーモードもあり、各ステージはLv1〜Lv10までありボリューム満点になっています。

画面下にある「キャラ紹介」や「遊び方」はタップするとブラウザが立ち上がってWeb上でチェックすることができます。そして、「スタート」の下にある「カブリモン」ってなんなのでしょうか? 詳しくは次で……。

TOP画面(左)、ステージセレクト(右)

気になっていた「カブリモン」とは……? 遊んでいくうちにポイントが貯まっていきます。そしてなんと、貯まったポイントで被り物を買ってネコに被せることができちゃうんです!

最初のうちは必要ポイントのみが表示されているのでどんな被り物があるのかはヒミツになっています。ポイントが貯まっても買えるものと買えないものがあり、ゲーム中に「新いカブリモンが解禁されたニャ!」と解禁されたり、ステージクリアしないと買えない物もあるのでワクワクドキドキしながら楽しめますよ♪

コンプリートを目指そう! 何があるかはポイントを貯めて確かめよう!

ゲームスタートと同時に書類がでてきます。はんこを押すのは「ネコマークのみ!」タップすると肉球はんこがポンッ! はんこを押し終わったら「コンプリート」をタップして次の書類のはんこを押しましょう!画面左上に目標枚数が表示されるので素早く、正確にはんこを押していきます。

肉球はんこを押そう!

ゲーム中にある一定の条件をクリアするとフィーバータイムに突入します。フィーバータイムではコンプリート操作が要らなくなるのでひたすらはんこを押すのみ!!!

コンプリートOK!(左)、フィーバータイム(右)

お手つき=即失敗となるので容赦はありません……。ステージが進んでいくとボスキャラが登場したり、書類の難易度が上がっていきます。

お手つき(左)、クリア画面(右)

ガラスに入ったネコは2回押しをしないとはんこを押せません……。ステージ1ではネコ=グレーだったのがカラフルになっていき、ネコとうさぎが合体した落とし穴的存在も登場します。ステージ3になると謎のコンクリートブロックが登場!ブロックを押し続けるとはんこが押せます。時間がどんどん短くなっていきますね……。

どの被り物も似合っちゃうから不思議♪

ステージ1の感覚でステージ2をスタートすると一瞬戸惑ってしまうのでご注意を!(笑) 両手操作がおすすめです! ステージセレクト画面で全ステージ5つのネコマークとカブリモンのコンプリート目指してがんばってください!

欲を言えば、ネコの鳴き声があれば完璧かも♪

アップデートに期待しています!(リリースされたばかりですが……(・.・;))

記事執筆:にゃんこ

アプリ名:ハンコ de ニャンコ

価格:無料

カテゴリ:カジュアル

開発者:Small-Lamp.corp

バージョン:1.0

ANDROID 要件:2.2以上

Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.smalllamp.hanko&hl=ja


記事提供元:エスマックス

関連キーワード

| アプリケーション | Android | ゲーム | 肉球


livedoor CC-BY-ND

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声