ニュース
» 2012年10月13日 21時07分 公開

「世界初iPS心筋移植」やはり誤報 読売新聞がおわび文掲載

「森口氏氏の説明は虚偽」と判断。

[ITmedia]

 読売新聞は10月13日、森口尚史氏ら日本人研究者グループが、iPS細胞を使った世界初の臨床応用に成功していたとの報道について、誤報であったとの見解を示し、お詫び文を掲載した。

 記事によると、森口氏の論文で「共同執筆者」とされていた大学講師に確認したところ、実際には論文執筆にまったく関与していなかったという。また、ハーバード大の当局者や複数の専門家も真実性を否定していることから、「同氏の説明は虚偽で、それに基づいた一連の記事は誤報」と判断した。

 森口氏をめぐっては、今回問題となった論文以外にも、研究実態が不明瞭な論文が複数見つかっており、東大病院や東京医科歯科大も再検証に乗り出している。折しも京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞に関する研究でノーベル医学生理学賞を受賞したタイミングとも重なり、森口氏の成果も大きく報じられたが、結果的には大誤報騒ぎにつながってしまった。


関連キーワード

誤報 | 謝罪 | iPS細胞 | 読売新聞 | 医学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる