ニュース
» 2012年10月14日 14時59分 公開

ネットいじめで亡くなったカナダの少女 YouTubeでいじめ被害語る

先週亡くなった少女がYouTubeにネットいじめの被害を語る動画を投稿していた。引っ越しても追いかけてくるいじめの被害をつづっている。

[ITmedia]

 いじめが原因で自殺したとみられるカナダの少女が、YouTubeに投稿した動画が注目を集めている。

亡くなったAmanda Toddさんが投稿した動画

 動画はポートコキットラムに住む15歳のAmanda Toddさんが1カ月ほど前に投稿した。彼女は先週亡くなっており、警察によると自殺とみられるという。

 動画の中でAmandaさんは顔の一部を隠し、手書きのカードで自身の体験を語っている。彼女は以前、Webカメラで知らない人と話をしたときに、求めに応じてトップレスの姿を見せた。その男性が1年後にFacebookでメッセージを送ってきた。どうやって彼女の連絡先を知ったのかは分からないという。男性はもっと見せなければトップレスの画像をばらまくと脅し、その後脅しを実行した。

 Amandaさんはパニック障害などを患い、酒やドラッグにはまった。彼女は引っ越したが、男性はFacebookページを作り、彼女のトップレス画像をプロフィール写真に使った。「毎晩泣いた。友人も尊厳も失った」「あの写真を取り戻すことはできない」とAmandaさん。彼女は自傷行為をするようになったという。

 その後Amandaさんは1人で過ごしていたが、以前の男友達と連絡を取るようになり、関係を持った。すると男友達の恋人が仲間を引き連れてAmandaさんの新しい学校にやってきて彼女に暴行を加えた。Amandaさんは死にたくなり、その日漂白剤を飲んだ。命は取り留めたが、Facebookには「当然の報い」「死ねばいいのに」といったメッセージが書き込まれ、彼女は再び引っ越した。

 それから6カ月たってもネットいじめはやまず、漂白剤などの写真を投稿してAmandaさんをタグ付けし、「また漂白剤を飲むべき」「今度こそ死んだらいいのに」などど書き込まれたという。

 「私はどうしてまだここにいるのかと毎日考える」とAmandaさん。学校に行ったり、人と合うことができない状況だった。「私には誰もいない。私には誰かが必要」と彼女は動画の最後で語っている。

 FacebookにはAmandaさんの追悼ページが作られ、メッセージが寄せられている。彼女の死を悼むものが多数だが、心ないものも一部に見受けられる。

追悼ページ

 Vancouver Sunによれば、カナダ王立騎馬警察はこの件を捜査しているという。

Amandaさんの動画。自傷の跡の写真が映るので注意

関連キーワード

いじめ | 動画 | Facebook | 自殺 | ネットいじめ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」