ニュース
» 2012年10月16日 13時48分 公開

小学生の手書き新聞「金岡新聞」が人気 単行本にも!

是非ねとらぼ記者になってください!

[ITmedia]

 小学校などで1度は作ったことがあるという人も多い学級新聞。そんな学級新聞を1人で2年以上も作り続け、ついに本にまでなってしまった少年がいます。

画像 現在はニュース和歌山のサイトでも掲載中

 現在、小学校5年生の金岡睦君。2年生だった2010年2月から手書きの「金岡新聞」を作りはじめ、現在も毎週月曜日にA4判カラーの金岡新聞を発行し続けています。

 初期は友達やご近所さんに15部を配布する形式でしたが、渋谷のフリーペーパー専門店「only free paper」に設置したことをきっかけに人気が急上昇。ニュース和歌山のサイトでも掲載されるようになり、今年7月にはとうとう単行本が出版されるまでになりました。

画像 単行本にもなりました

 内容は学校や家庭の出来事や地元のイベント紹介など身近なものが中心。一方で、震災時には節電や復興支援を呼びかける特集を組むなどメディアとしての意識の高さは大人顔負けです。近年はJAXAの川口淳一郎先生やTBS江藤愛アナへのインタビューが掲載されるといった展開も。

 「金岡新聞和歌山本社代表取締役」として取材・撮影・執筆を1人でこなす金岡君。将来は日本の報道をリードする敏腕記者になるかもしれません。

関連キーワード

小学校 | 新聞 | 学生 | 手書き


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」