ニュース
» 2012年10月22日 16時26分 公開

遠隔操作ウイルスによる冤罪を防ぐ「パケット警察」緊急リリース FAQも面白いと話題に

無料です!

[ITmedia]

 筑波大学発のベンチャー企業・ソフトイーサは10月22日、PCの通信記録やソフトウェアの起動記録を見張り、自動的に記録する「パケット警察 for Windows」を無料で公開した。遠隔操作ウイルスによるえん罪事件を受け、ネットユーザーに不安が広がっているため「緊急リリース」。公式サイトのFAQも面白いとネットで話題になっている。

画像

 万一、遠隔操作ウイルスに感染し自身のパソコンがリモート操作されたとしても、パケット警察を使っていれば、通信記録などのログを残せるため、無罪を証明したり、真犯人を追跡する有力な証拠として利用できるという。ただし、ログを警察に自動送信する機能などは含まれていない。

画像

 パケット警察という名称は「警察のように犯罪を見張る」というイメージで名付けた。公式サイトのFAQでは、先日話題になった時事通信の記事にリンクを張って、「『Visual Studio』という素人が購入することは考えにくい数万円から数十万円以上する専門的なソフト開発ツールを用い、プロの開発者によって開発されました」と説明するなど、ユーモアな記述が満載となっている。

 さらには、コンピュータを用いて犯罪を行なっているユーザーが使用した際は、犯罪の様子が記録されてしまうため「このような場合には、ログファイルを警察に提出することは自己にとって不利な結果となる場合がありますのでご留意ください」と親切な警告も。そのためネットでは「FAQがネタすぎる」「真面目そうなソフトなのに説明文に小ネタを挟むとかw」と話題になっていた。

画像 FAQに時事通信の記事へのリンクが(「素人が購入することは考えにくい数万円から数十万円以上する専門的なソフト開発ツール」の部分) ソフトイーサさんノリノリです

 パケット警察の対応OSは、Windows98以降。最新版のWindows 8での利用も可能。詳しい情報はWebサイトで公開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」