ニュース
» 2012年10月24日 18時07分 公開

ネタじゃない!? 新刊「ゾンビ襲来」がすごい予感

「国際政治理論で、その日に備える」ってどういうこと?

[ITmedia]

 「いかにしてゾンビ襲来に備えるのか」――こんな「深刻な問い」に真面目に挑む、新刊「ゾンビ襲来 国際政治理論で、その日に備える」が面白そうです。「ゾンビの突発的発生は必ず起こる!」「各国首脳が驚愕する、バイオハザードより百倍面白い1冊」と鼻息粗めな感じがウケてか、ネットでも一部で話題になっています。

画像 もしかすると事態は想像以上にシリアスなのか……!

 同書によると、近年ゾンビは映画や書籍、ゲームなどで「未曾有のブームを迎えている」そう。それは人々が珍奇なものを求めているからではなく、もっと別の理由があると言います。果たしてその訳とは……。「第8章 ゾンビの社会的構築性」「第10章 官僚政治……ゾンビにまつわる“押し合いへし合い”」など目次は割と真面目。「第12章 結論……ってゆうか、そう思うでしょ?」がなんかすごいフランクに同意を求めてきてますが、果たして納得の内容が書かれているんでしょうか……!

 著者は、国際政治学が専門でゾンビ研究学会諮問委員を務めるダニエル・ドレズナー氏。日本語訳を出版するのは、岸田國士戯曲賞などで知られる白水社。サイトでは第1章や巻末の解説などを試し読みできます。11月3日には訳者の谷口光一さんと與那覇潤さんによるイベントが首都大学東京で開催される予定です。

画像 ジャンルは国際政治

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」