ニュース
» 2012年10月29日 14時04分 公開

デジタルコンテンツEXPO 2012:スケスケになっちゃう「透明プリウス」 実際に乗ってみた

「透明になる」は本当?

[ITmedia]

 光学迷彩技術を応用することで、後部座席が透明になるという「透明プリウス」が、デジタルコンテンツEXPO2012に出展され注目を集めた。YouTubeに投稿された動画が話題になったが、実物が公開されるのは今回が初。果たして本当にプリウスは透明になるのだろうか?

画像

画像 外見はごく普通のプリウス

 透明プリウスと言っても、外見が透明になるわけではない。運転席にはプロジェクターが設置されており、プリウス後部のカメラがとらえた映像を、プロジェクション・マッピングの要領で車内に投影する。後部座席にカメラの映像が重なると、まるで座席が透けたように見える、という仕組みだ。バックで駐車する時など、座席が邪魔で後ろが見えない時に役立つという。

画像 シートの間に、プロジェクターとハーフミラーが取り付けられている

 展示されていた車両に実際に乗り込んでみた。運転席に座り、後部を振り返ると、確かにうっすらと後方が透けて見える。ただプロジェクターの光量が足りないのか、映像はぼんやりしており、あまり鮮明ではなかったのが残念。現時点では「透明になる」はちょっと言い過ぎのような気もした。

画像 映像を投影したところ。後部座席にカメラの映像が投影され、後ろに立っている人や三角コーンが透けて見える

画像 直接ハーフミラーをのぞいた方が映像は鮮明に見える

 とは言え「シートを透かして後ろを確認する」という点では十分に機能しており、実用性は高そうだ。また、モニタごしに後部カメラの映像を見るよりも、より直感的に後ろの様子を確認できるのもこのシステムの優れたところだろう。プロジェクターの光量がもっとあれば、本当に「透けて見える」ように錯覚させることもできそうだ。

 慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 稲見研究室による開発。今回はトヨタのプロモーションも兼ねての出展となったが、すでに自動車メーカー各社から多くの声がかかっているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた