ニュース
» 2012年10月30日 11時05分 公開

ウマすぎ注意! ご当地ラーメンが味わえる「東京ラーメンショー2012」に行ってきた

ラーメン好き必見のイベント「東京ラーメンショー2012」が11月4日まで開催されている。昨年度と比べて大幅にパワーアップしたところにも注目が集まる。ラーメン好きな筆者が行かないわけにいかない!

[池田園子,ITmedia]

 今回で4回目を迎える東京ラーメンショー2012が開幕した。昨年までは5日間限定での開催だったが、今年は第1幕・第2幕と2つに分けて計10日間での実施となる。加えて出店店舗も28ブースから40ブースへと大幅に増加した。第1幕4日目の10月29日夕方、会場となる駒沢公園を訪ねてきた。

いざ、ラーメンショーへ

グループで訪れて複数種のラーメンを楽しむ

 月曜の午後5時前とは思えないくらい、人! 人! 人! 下校途中のような学生から家族連れ、カップルまで人でいっぱい。中には長蛇の列ができているブースもある。入場は無料で、ラーメン1杯につき800円の食券が必要。前売りの食券を持っていないため、まずは当日券を購入する。

ラーメンショー会場

 北は北海道、南は福岡まで、個性的なラーメンが並ぶ。店舗同士、師匠と独立した弟子同士などさまざまなコラボレーションも見られる。普段はお店に並んでいない、ラーメンショーオリジナルメニューもいっぱい。どれも食べたい! どうすれば最大限に楽しめるの?

長蛇の列も

 実行委員を務めるフードジャーナリスト・ラーメン評論家の山路力也さんからお話を聞いた。「今年のテーマの1つが『ご当地ラーメン』ということもあり、東京で食べられないラーメンを多く提供しています。いろいろな種類を食べたいお客様が多いせいか、滞在時間が長いように感じています。土日だと朝から晩までいらっしゃる方もいます。公園内を散歩したり、途中で特設ステージでのイベントに立ち寄ったりと、お腹がいっぱいになったときには、休憩も取りながら楽しんでほしいですね」

 山路さんによると、数人のグループで訪れることで、1日で効率的にいろいろなラーメンを食べられるという。確かに5人組で来た場合、各自でそれぞれ4ブース分買ってくれば、1日で20ブースを制覇することも可能だ。魅力的に映り、食欲をそそるラーメンばかりなので、「おいしいラーメンを少しずついただく」という戦略は正しいだろう。

1、2杯目は“ラタトゥイユ”と“にぼし”でヘルシーに

 気になるブースを回ってみることにした。1店目では博多一風堂(福岡県)、麺の坊 砦(東京都渋谷区)、ソラノイロ(東京都千代田区)がコラボした「赤旨ベジ豚骨」をいただく。博多一風堂の河原店主、彼に師事していた一番弟子・中坪店主(麺の坊 砦)、二番弟子・宮崎店主(ソラノイロ)の豪華な師弟コラボが見られる。“3店舗のいいとこ取り”なラーメン、かなり気になる!

赤旨ベジ豚骨

 とんこつとトマトが融合した、まったく新感覚のラーメンだ。ラタトゥイユがまろやかに溶けたスープは非常に濃厚で深みがある。「ラーメンにラタトゥイユ?」と驚いてしまうけれど、これが意外と合うのだ。上に載った赤みそにはトマトピューレほか、タバスコがピリッとほどよく効いていて、味にスパイスを持たせている。忘れられない1杯だ。

 2店目では津軽ラーメン煮干会(青森県)の「新・津軽ラーメン『こく煮干し』」をいただく。津軽そばから発展した、煮干し出汁の津軽ラーメンがベースとなっている。500人分のラーメンに対して、10キロ分の煮干しを丸ごと使用して、6時間ほど煮込んで出汁を取る。香りも風味も煮干しそのものなのは、素材感がしっかりと生かされているからだ。モチモチの麺にはカンスイを使っていない。店主の「余計なものを入れない」主義がクール。

新・津軽ラーメン「こく煮干し」

“漁師”な3杯目にラストは“濃厚ニンニク”で攻める

 房総半島の小さな港「竹岡漁港」を聞いたことはあるだろうか? そこで半世紀以上も漁師たちから愛されているご当地ラーメン「房総・竹岡式ラーメン」を3店目としよう。真っ黒な醤油スープに、スープの味を吸収しやすい乾麺、とろけるようなやわらかさのチャーシュー、薬味となる「刻み生タマネギ」など、普段は見慣れないラーメンであることは間違いない。

房総・竹岡式ラーメン

 すべて漁師たちのリクエストから生まれているそう。いただいているうちに、身体がぽかぽかと温かくなってくる。ネギではなくて刻み生タマネギが使用されていることからも、素材のすべてが新鮮でたまらない。竹岡式ラーメンを愛する千葉ラーメン拉通ra2(千葉県)、麺屋宗(東京都新宿区)、武道家(東京都新宿区)の店主が集結し、味を忠実に再現している点にも注目が集まっている。

 そろそろお腹いっぱい……かも。とはいえ、最後の最後に目をつけていた、スタミナ系ラーメン「名古屋ベトコンラーメン」は食べておきたい。麺屋 桜(愛知県)とつけ麺 雀(大阪府)のコラボだ。ベトコンとは「ベストコンディション」の意味らしい。ラーメンの上には辛く炒めたニラやもやし、豚肉、ニンニクがたっぷりと載っている。ニンニクが非常にやわらかくて美味しい。5種類の唐辛子をブレンドしたスープは、身体をじわじわと温めてくれる。ラーメンなのに健康的に感じられるのは気のせい!? あぁ、お腹いっぱい。おいしくいただだきました!

名古屋ベトコンラーメン

満腹になったらイベントステージへ! アイドルも来るぞ

 ラーメンを食べてお腹いっぱいになったら、すこし休憩してみてはいかが? ラーメンショーではイベントもある。この日は「健康、エコ、環境問題に真正面から立ち向かうアイドル」という異色の活動方針を掲げて、2011年に結成されたアイドルユニット「Activity eco Life with Love(=AeLL.)」のライブステージが行われていた。ステージ前の席はほぼ満席で、立ち見があふれるくらい大盛況だった。特設ステージの情報は事前にチェックしておくといいだろう。

アイドルのステージも

 10月31日からの第2幕でも「徳島ラーメン」「岡山ホルモン中華そば」「勝浦タンタンメン」など、全国の人気ご当地ラーメンが20店舗も集結する。流行のご当地ラーメンが気になる人、新たなラーメン屋を探している人は訪れてみてはいかがだろうか。

グッズも売られている

東京ラーメンショー2012

開催期間:10月26日〜11月4日

時間:午前10時〜午後9時(ラストオーダー午後8時半)

第1幕、第2幕最終日の10月30日、11月4日は午後4時半がラストオーダー。

会場:駒沢オリンピック公園 中央広場(東京都世田谷区駒沢公園1-1)


関連キーワード

ラーメン | 東京 | ご当地 | 2012 | イベント | アイドル |


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」