ニュース
» 2012年11月01日 14時52分 公開

柴犬が店長!? 渋谷の柴犬バーで癒されてきた

「いらっしゃい、よく来たね(意訳)」――ハナさん(1歳半 ♀)すごく人懐っこい。

[山岡大介,ITmedia]
画像 店番なう

接客のプロがいました

 今日も仕事が終わらない。僕はもう疲れたよパトラッシュ……。このやさぐれた気持ちを落ち着かせるものはないものかと、Twitterを眺めていたとき、渋谷に“柴犬バー”なる店があるという書き込みが目に飛び込んできた。柴犬がたくさんいるバーなのかと思いきや、どうやら店長が柴犬らしい。なんだと! もう気になって仕事が手に付かない。一刻も早く柴犬、もとい店長に会いたい。いてもたってもいられず、ウワサを検証すべく夜の渋谷に繰り出した。

画像 夜の渋谷へGO!

 渋谷駅から5分ほど道玄坂を上り、道玄坂小路に入って、「ヤマダ電機LABI渋谷」の裏口あたりにたどり着くと、「Bar Black Sheep」と書かれた看板が見える。その左上に視線を移すと……窓からひょこっと顔を出している柴犬が!! 早速お店に入ると、タタッと駆け寄ってきてくれた。「店長! 会いに来ましたよ!!」「いらっしゃい、よく来たね(意訳)」――ハナさん(1歳半 ♀)、すごく人懐っこい。

画像 この看板が目印
画像 いたー!

 看板犬のいるお店は日本全国に多数あるが、ハナさんは単なるマスコット的存在ではない。新規のお客さんに対する触れ合いや、常連顧客とのスキンシップなど手慣れたもの。接客の基本ですよ、とばかりに見つめられて筆者はもうメロメロだ。店内が落ち着いてくると、窓からひょっこり顔を出して客寄せをしているのだとか。どこまで気配り上手なんですか店長。

画像 え、呼んだ?
画像 お客さんに駆け寄っていく店長

 マスター(人間)に聞いたところ、常連さんはやはり犬好きの方が多いとのこと。犬を飼いたいと思っていても飼えないOLさんやサラリーマン、「犬のなかでも柴犬が大好き!」といった方が来るそうだ。確かに改めて考えてみると、都内では犬と密接に触れ合える場所が少ない。野良猫はいるが、野良犬はあまり見かけないし、猫カフェはあっても犬カフェはほとんど聞かない。いわゆるドッグカフェは、犬とその飼い主たちが集まる場なので、他人がそれらの犬と遊ぶわけにもいかない。そんな肩身の狭い、犬は飼えないけど犬好きの人にとって、この柴犬バーはとても貴重で魅力的な憩いの場なのかもしれない。

画像 常にカメラ目線でサービス精神旺盛な店長と

店長とQ&A

画像 「バーを開いたきっかけは?」「ほかにやることがなかったから」
画像 「いつも出勤しているんですか?」「もちろん。店長ですから」
画像 「お店は毎日やってるんですか?」「日曜が定休日です」
画像 「あれ、店長もしかして寝てます?」「(うとうと……)」

 お店は柴犬の店長とマスターの2人(?)で経営しており、席は14席とこじんまりした雰囲気。ペットは同伴可。お店の情報はTwitterFacebookでもチェックできる。

画像 ちなみに柴犬業界(?)では「Shi-Ba(シーバ)」という柴犬専門誌が有名で、ハナさんもそこでのデビューを虎視眈々と狙っているとかいないとか……
画像 メニューに犬のイラストが

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる