ニュース
» 2012年11月06日 08時55分 公開

「無料のサイトに本気のコンテンツは載らない」――インターネット雑誌「cakes」はWebを変えるか(1/2 ページ)

週150円で読み放題。なぜメルマガとも、電子書籍とも違う「インターネット雑誌」という形を選んだのか。cakes代表・加藤貞顕氏の狙いとは。

[池谷勇人,ITmedia]

週150円で読み放題 「インターネット雑誌」という新しい提案

画像 cakesのトップページ。さまざまな記事・連載がタイルのように並ぶ

 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の編集者・加藤貞顕氏が立ち上げた、インターネット雑誌「cakes(ケイクス)」が注目を集めている。オープンから約1カ月半。現時点で有料会員数は「数千人」という。

 ほぼ同時期にニコニコチャンネルでも有料の「ブロマガ」がスタートしたが、cakesのアプローチはまた少し異なる。購読料は1週間150円。それでサイト内の全コンテンツが読み放題になる。

 執筆陣は津田大介、黒田勇樹、岡田斗司夫、山形浩生、大槻ケンヂなど数十名(敬称略)。ネットカルチャー、サブカルチャー系を中心に、大御所から若手まで幅広い顔ぶれを揃えた。11月1日時点で週間ランキングを見てみると、真実一郎氏の「グラビアアイドル鎮魂歌 〜吉木りさという光、壇蜜という影〜」、オバタカズユキ氏の「日本の自殺の不都合な真実」などが上位に並んでいる。

画像 cakes代表の加藤貞顕氏。アスキー、ダイヤモンド社を経て独立し、cakesを立ち上げた

 有料メルマガと違って、興味のない話題も目に飛び込んでくるため、読んでみると「こんな世界があったのか」という出会いがある。しかも週150円で読み放題と、cakesは安い。有料メルマガが「単行本」なら、cakesはまさに「雑誌」の感覚だ。

 加藤氏はcakesについて「いまネットにあるコンテンツは、プロが宣伝のために作ったものと、アマチュアが趣味で作ったものしかない。プロが作った“ド本気”のコンテンツが載る場所を作りたかった」と語る。

ネットでお金を払うことを当たり前にしたい

画像 「もしドラ」は電子書籍でも1位を取った。にもかかわらず、加藤氏が電子書籍について「目指すべきではない」と言う

 独立しcakesを立ち上げる前には、アスキー、ダイヤモンド社で雑誌や書籍、Webメディア、電子書籍などの編集に携わった。その中で見えてきたのは、「電子書籍は思いのほか儲からない」「電子書籍がこのまま行けば大変なことになる」ということだった。

 音楽CDはかつて5000億円市場と言われたが、今では2000億円に縮小した。かわりに音楽配信が台頭したが、それでも800億。差し引きで2200億円がどこかへ消えた形になる。同じことが出版についても起こりうるという。

「もちろん(紙媒体から)スマホやタブレットのようなデバイスで読むようなものにはなっていく。だけどその出口が電子書籍だけだと大変なことになる。出版はピーク時で2兆3000億円あったけど、最終的には1兆くらいになるのでは」(加藤氏)

 だから、cakesではあえて電子書籍以外の出口を目指した。記事は基本、cakesのWebサイト上でそのまま読む形。これまでWebでコンテンツが販売が成立しなかったのは、回線も遅く、いい端末もなければ、課金の仕組みも、習慣もなかったから。しかし、スマホやタブレットの普及でようやくそれが解決しつつある。「ネットでお金を払うということをもっと普通のことにしたい。Amazonが出たころなんか、ネットでものを買うなんて考えられなかったでしょ。だけど今はそれが普通になった。Amazonはモノを売ったけど、コンテンツならそれがもっとやりやすい」と加藤氏。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響