ニュース
» 2012年11月06日 08時55分 公開

「無料のサイトに本気のコンテンツは載らない」――インターネット雑誌「cakes」はWebを変えるか(1/2 ページ)

週150円で読み放題。なぜメルマガとも、電子書籍とも違う「インターネット雑誌」という形を選んだのか。cakes代表・加藤貞顕氏の狙いとは。

[池谷勇人,ITmedia]

週150円で読み放題 「インターネット雑誌」という新しい提案

画像 cakesのトップページ。さまざまな記事・連載がタイルのように並ぶ

 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の編集者・加藤貞顕氏が立ち上げた、インターネット雑誌「cakes(ケイクス)」が注目を集めている。オープンから約1カ月半。現時点で有料会員数は「数千人」という。

 ほぼ同時期にニコニコチャンネルでも有料の「ブロマガ」がスタートしたが、cakesのアプローチはまた少し異なる。購読料は1週間150円。それでサイト内の全コンテンツが読み放題になる。

 執筆陣は津田大介、黒田勇樹、岡田斗司夫、山形浩生、大槻ケンヂなど数十名(敬称略)。ネットカルチャー、サブカルチャー系を中心に、大御所から若手まで幅広い顔ぶれを揃えた。11月1日時点で週間ランキングを見てみると、真実一郎氏の「グラビアアイドル鎮魂歌 〜吉木りさという光、壇蜜という影〜」、オバタカズユキ氏の「日本の自殺の不都合な真実」などが上位に並んでいる。

画像 cakes代表の加藤貞顕氏。アスキー、ダイヤモンド社を経て独立し、cakesを立ち上げた

 有料メルマガと違って、興味のない話題も目に飛び込んでくるため、読んでみると「こんな世界があったのか」という出会いがある。しかも週150円で読み放題と、cakesは安い。有料メルマガが「単行本」なら、cakesはまさに「雑誌」の感覚だ。

 加藤氏はcakesについて「いまネットにあるコンテンツは、プロが宣伝のために作ったものと、アマチュアが趣味で作ったものしかない。プロが作った“ド本気”のコンテンツが載る場所を作りたかった」と語る。

ネットでお金を払うことを当たり前にしたい

画像 「もしドラ」は電子書籍でも1位を取った。にもかかわらず、加藤氏が電子書籍について「目指すべきではない」と言う

 独立しcakesを立ち上げる前には、アスキー、ダイヤモンド社で雑誌や書籍、Webメディア、電子書籍などの編集に携わった。その中で見えてきたのは、「電子書籍は思いのほか儲からない」「電子書籍がこのまま行けば大変なことになる」ということだった。

 音楽CDはかつて5000億円市場と言われたが、今では2000億円に縮小した。かわりに音楽配信が台頭したが、それでも800億。差し引きで2200億円がどこかへ消えた形になる。同じことが出版についても起こりうるという。

「もちろん(紙媒体から)スマホやタブレットのようなデバイスで読むようなものにはなっていく。だけどその出口が電子書籍だけだと大変なことになる。出版はピーク時で2兆3000億円あったけど、最終的には1兆くらいになるのでは」(加藤氏)

 だから、cakesではあえて電子書籍以外の出口を目指した。記事は基本、cakesのWebサイト上でそのまま読む形。これまでWebでコンテンツが販売が成立しなかったのは、回線も遅く、いい端末もなければ、課金の仕組みも、習慣もなかったから。しかし、スマホやタブレットの普及でようやくそれが解決しつつある。「ネットでお金を払うということをもっと普通のことにしたい。Amazonが出たころなんか、ネットでものを買うなんて考えられなかったでしょ。だけど今はそれが普通になった。Amazonはモノを売ったけど、コンテンツならそれがもっとやりやすい」と加藤氏。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」