ニュース
» 2012年11月07日 14時07分 公開

キレキレの渡辺浩弐が帰ってきた! 「2013年のゲーム・キッズ」がいきなり問題作すぎる日々是遊戯

いちおう、閲覧注意!

[池谷勇人,ITmedia]

ゲーム・キッズ、復活!

 星海社のWebサイト「最前線」で、渡辺浩弐氏の新作小説「2013年のゲーム・キッズ」が公開され、読んだ人から「すごい!」「あまりの展開に泣いている」といった声があがっています。中には「これは『読んだ』でいいのかな? 『経験した』の方がふさわしいのかも」といった感想も――。

画像

 現在公開されているのは第1回「謎と旅する少女」。さっそく開いてみると、あれ、ブログ? 「旅行ダイスキ♪*(>_<)」という女性が、「イカがじゃまして上陸しにくい島でした」「さて、どーこだ?」といったなぞなぞとともに、訪れた国の旅行写真を投稿しています。次の日記では「この国では、みんなから、誰なんだお前はと聞かれました」、その次は「この国では子供がさらわれちゃうかも」。こんな調子で、女性は次々になぞなぞを出題していくのですが……。

画像 わー楽しそうな旅行ブログだなー(棒読み)

 「ゲーム・キッズ」は渡辺氏のライフワークとも呼べる短編小説シリーズで、1990年代〜2000年代前半にかけ、ゲーム雑誌・週刊ファミ通誌上で連載された作品。1話1ページのオムニバス形式で、今より少しだけ科学技術が発展した近未来を舞台に、毎回読者をアッと驚かせる、不思議で、奇妙な物語を描いてきました。

 いきなりのブログ形式には拍子抜けしましたが、今回も相変わらずの……いや、ここで多くを語るのはヤボですよね。読み進めるうちに、いつのまにか違う世界へと引きずり込まれて後戻りできなくなってしまう、「これぞゲーム・キッズ!」という体験をぜひ味わってみてください。読後の感想などは、NAVERまとめの「【閲覧注意】『2013年のゲーム・キッズ』の文学体験が新しすぎる!」にもまとめられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む