ニュース
» 2012年11月14日 13時26分 公開

前田敦子はキリストを超えたらしい ちくま新書で明らかに?

宗教としてのAKB48を論じていますが、衝撃的なタイトルに賛否両論のようです。

[ITmedia]

 「前田敦子はキリストを超えた: 〈宗教〉としてのAKB48」――衝撃的なタイトルの本が12月7日、筑摩書房より発売される。著者は情報環境研究者・濱野智史さん。

画像 なかなかセンセーショナルなタイトル

 内容紹介によると、 “不動のセンター”と呼ばれた元AKB48メンバー・前田敦子さんの分析から、AKB48が熱狂的に支持される理由を読み解いていくとのこと。著者はTwitter上で「AKBをよく知らない読者向けにも、AKBのシステムが分かるように体系整理しましたし、どのような形でハマっていくのかについても、できる限り明晰かつ簡潔に記述しています。AKBをよく知らないでバカにしている人ほど(AKBにハマる前の僕もそんな感じでした)、ぜひ読んで欲しいです。」と述べている。なお、キリスト教を批判する意図はない。

画像 パロディ版も

 同タイトルは元々エイプリルフール企画だったが、「嘘から出たまこと」として批評家・宇野常寛さんが展開するメルマガPLANETSで連載が始まった。新刊は連載をベースに、後半を書き下ろしたものになる。

 著者はかつてニコニコ動画にハマった経験から、名論考「ニコニコ動画の生成力(思想地図vol.2収録)」を生み出すなど、分析力には定評がある人物。しかし、如何せん挑発的なタイトルに「数年後には恥ずかしくて死にたくなるレベル」「あきれた」などの辛辣な批判も集まっている。

 アイドル論では過去に、音楽評論家・平岡正明さんによる「山口百恵は菩薩である(講談社)」が出版されたほか、「幻魔対戦」シリーズの平井和正さんが「『めぞん一刻』考(高橋留美子の優しい世界収録)」内で「音無響子は女神」と論じている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ