ニュース
» 2012年11月14日 13時26分 公開

前田敦子はキリストを超えたらしい ちくま新書で明らかに?

宗教としてのAKB48を論じていますが、衝撃的なタイトルに賛否両論のようです。

[ITmedia]

 「前田敦子はキリストを超えた: 〈宗教〉としてのAKB48」――衝撃的なタイトルの本が12月7日、筑摩書房より発売される。著者は情報環境研究者・濱野智史さん。

画像 なかなかセンセーショナルなタイトル

 内容紹介によると、 “不動のセンター”と呼ばれた元AKB48メンバー・前田敦子さんの分析から、AKB48が熱狂的に支持される理由を読み解いていくとのこと。著者はTwitter上で「AKBをよく知らない読者向けにも、AKBのシステムが分かるように体系整理しましたし、どのような形でハマっていくのかについても、できる限り明晰かつ簡潔に記述しています。AKBをよく知らないでバカにしている人ほど(AKBにハマる前の僕もそんな感じでした)、ぜひ読んで欲しいです。」と述べている。なお、キリスト教を批判する意図はない。

画像 パロディ版も

 同タイトルは元々エイプリルフール企画だったが、「嘘から出たまこと」として批評家・宇野常寛さんが展開するメルマガPLANETSで連載が始まった。新刊は連載をベースに、後半を書き下ろしたものになる。

 著者はかつてニコニコ動画にハマった経験から、名論考「ニコニコ動画の生成力(思想地図vol.2収録)」を生み出すなど、分析力には定評がある人物。しかし、如何せん挑発的なタイトルに「数年後には恥ずかしくて死にたくなるレベル」「あきれた」などの辛辣な批判も集まっている。

 アイドル論では過去に、音楽評論家・平岡正明さんによる「山口百恵は菩薩である(講談社)」が出版されたほか、「幻魔対戦」シリーズの平井和正さんが「『めぞん一刻』考(高橋留美子の優しい世界収録)」内で「音無響子は女神」と論じている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響