ニュース
» 2012年11月19日 20時00分 公開

“萌え寺”了法寺からついにソーシャルゲーム まさに「仏魂ゲー(ぶったまげー)」!

「ほとけ系ソーシャルRPG」とは一体……。

[ITmedia]

 萌え看板、萌え仏像、萌え音ゲー……“萌え寺”としてナナメ上の萌えコンテンツを作り続けてきた了法寺が、とうとう初のソーシャルゲーム「ほとけ系 癒しRPG ようこそ了法寺へ!」(通称「仏魂ゲー(ぶったまげー)」)を配信開始した。Android端末向けで、無料でダウンロードできる。

Google playの「ようこそ了法寺へ!」インストールページ

 ゲームのストーリーは、了法寺ではおなじみの萌えキャラ・とろ弁天たちと妖怪退治の旅をするというもの。800種類以上の妖怪カードを集めて進化させる、カードゲームタイプのソーシャルRPGだ。

ゲーム画面だけみると、発端がお寺のPRだとは分からない

 登場する「七福神」のデザインは、了法寺の萌えキャラを描いてきたとろ美さん。妖怪カードも進化させることで萌え美少女やかっこいい美少年に変身するという、萌え要素盛りだくさんのアプリとなっている。制作はGMOゲームセンターが手がけ、プレイには同社のGゲーの無料会員登録が必要。

 お寺を知ってもらうための1枚の看板から、ソーシャルゲームにまでやってきた了法寺。「本当にお寺のPRになるのか?」と疑問を覚えつつも、突き抜けたスタイルにはこれからも目が離せない。

関連キーワード

萌え | お寺 | ソーシャルゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」