ニュース
» 2012年11月28日 13時57分 公開

そうだったのかっ! キャプテン翼の「チャンバも走る」の意味、実は解明されてた

「ポルトガル語」説ってウソだったんかい!

[ITmedia]

 1980年代に放送されたアニメ「キャプテン翼」の主題歌「燃えてヒーロー」に登場する「アイツの噂でチャンバも走る」のフレーズ。「チャンバ」とは一体何のことなのか、疑問に思っていた人も多いと思います。この意味を解説したNAVERまとめのページが話題になっていました。

画像

 「チャンバ」の解釈には諸説あり、80年代からの有力なものとしては「チャンバ」はポルトガル語で「記者」を指す、すなわち主人公・大空翼の名を聞けばあらゆる記者が飛んでくるとする説。または飯を「シーメー」と逆さにして呼ぶのと同じように「婆(バア)ちゃん」をいわゆる“業界用語”風に表現している――とする説がありました。

 ほかにも、盟友・岬太郎が実はポルトガル系3世で本名は「岬・チャンバ・ロドリゲス・太郎」という「岬くんの本名」説や、「母親」を表す言葉だという説(小説家・深沢七郎氏の作品にそのような用例があるらしい)、そもそも意味はない……などたくさんの候補が上がっていました。ちなみに調べてみたところ、ポルトガル語の辞書に「記者=チャンバ」の記載はないようです。

 果たして「チャンバ」とは何なのか。それが明らかになったのは2009年・春のことでした。雑誌「Sportiva」6月号に作詞した吉岡治氏へのインタビューが掲載され、「バーチャンを業界用語風に言うと、チャンバ。つまり、噂を聞いたらバーチャンも元気になって走ってしまう」と明快な回答が! また同じく歌詞に出てくる「蝶々サンバ」に関しては「モハメド・アリの言葉(蝶のように舞い)」と「サッカーといえばブラジル、ブラジルといえばサンバ」をあわせた造語だと語られ、20数年を経てすっきり解決となったようです。

 これらのエピソードは、09年当時に老舗Webサイト「バーチャルネットアイドル ちゆ12歳」にもまとめられています。つまり3年前の話題なのですが、NAVERまとめで再びクローズアップされ、注目を集めた模様。今回初めて真相を知ったユーザーからは「そ、そうだったのか」「人類史の謎がまた1つ明らかに」といった反応が寄せられています。

画像 曲の該当部分はAmazonで試聴可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む