ニュース
» 2012年11月28日 13時57分 公開

そうだったのかっ! キャプテン翼の「チャンバも走る」の意味、実は解明されてた

「ポルトガル語」説ってウソだったんかい!

[ITmedia]

 1980年代に放送されたアニメ「キャプテン翼」の主題歌「燃えてヒーロー」に登場する「アイツの噂でチャンバも走る」のフレーズ。「チャンバ」とは一体何のことなのか、疑問に思っていた人も多いと思います。この意味を解説したNAVERまとめのページが話題になっていました。

画像

 「チャンバ」の解釈には諸説あり、80年代からの有力なものとしては「チャンバ」はポルトガル語で「記者」を指す、すなわち主人公・大空翼の名を聞けばあらゆる記者が飛んでくるとする説。または飯を「シーメー」と逆さにして呼ぶのと同じように「婆(バア)ちゃん」をいわゆる“業界用語”風に表現している――とする説がありました。

 ほかにも、盟友・岬太郎が実はポルトガル系3世で本名は「岬・チャンバ・ロドリゲス・太郎」という「岬くんの本名」説や、「母親」を表す言葉だという説(小説家・深沢七郎氏の作品にそのような用例があるらしい)、そもそも意味はない……などたくさんの候補が上がっていました。ちなみに調べてみたところ、ポルトガル語の辞書に「記者=チャンバ」の記載はないようです。

 果たして「チャンバ」とは何なのか。それが明らかになったのは2009年・春のことでした。雑誌「Sportiva」6月号に作詞した吉岡治氏へのインタビューが掲載され、「バーチャンを業界用語風に言うと、チャンバ。つまり、噂を聞いたらバーチャンも元気になって走ってしまう」と明快な回答が! また同じく歌詞に出てくる「蝶々サンバ」に関しては「モハメド・アリの言葉(蝶のように舞い)」と「サッカーといえばブラジル、ブラジルといえばサンバ」をあわせた造語だと語られ、20数年を経てすっきり解決となったようです。

 これらのエピソードは、09年当時に老舗Webサイト「バーチャルネットアイドル ちゆ12歳」にもまとめられています。つまり3年前の話題なのですが、NAVERまとめで再びクローズアップされ、注目を集めた模様。今回初めて真相を知ったユーザーからは「そ、そうだったのか」「人類史の謎がまた1つ明らかに」といった反応が寄せられています。

画像 曲の該当部分はAmazonで試聴可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響