ニュース
» 2012年12月12日 14時33分 公開

犯人の特徴は「C#」「シベリア郵便局」 遠隔操作事件に報奨金300万円

「どんな些細なことでも結構です。情報をお寄せください」とのこと。

[ITmedia]

 警察庁は12月12日、4人を誤認逮捕した遠隔操作ウイルス事件に関して、有力情報の提供者に上限300万円の捜査特別報奨金を支払うと発表した。

画像 警察庁の捜査特別報奨金に関する広告(平成24年12月12日)より

 同庁のサイトでは、犯人の特徴――「プログラミング言語C#を使用してウイルスを自作」「2ちゃんねる投稿時にはシベリア郵便局を使用」「遠隔操作の命令送信にlivedoorしたらば掲示板を利用」――などを記した広告を掲載。事件のいきさつについては、警視庁のサイトで公開している。

 捜査特別報奨金制度は、これまで対象は「生命や身体に重大な損害を及ぼした犯罪」に限られていたが、今月6日の改正により範囲が拡大した。ネットユーザーからは、「公金対象とは本気だな」「(広告の)犯人の特徴はなぜ画像ファイルなんだ」「(それより)黒子のバスケの脅迫犯を……」などの声が上がっていた。

画像 こちらは警視庁のページ。「どんな些細なことでも結構です。情報をお寄せください」

 募集期間は、2013年12月11日まで。情報は合同捜査本部で受け付けている。電話番号は「03-5472-4229」、メールは「goudousousa@keishicho.jp」。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10