ニュース
» 2012年12月19日 09時59分 公開

ペニオク問題、立川談笑は過去に受けたステマ依頼を明かす

「ある飲料について、大好きだとツイートをしていただければ謝礼を支払いますが、いかがでしょうか?」というメールを受け取ったという。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

ほしのあき、小森純ら人気著名人が、「○○を格安で落札した」などと、自らのブログに虚偽のエントリーを掲載し、手数料詐欺を行ったペニーオークションのPRに加担していた問題で、18日、フジテレビ「とくダネ!」は、過去にこうしたステルスマーケティングの依頼がきたという著名人のコメントを紹介した。

閲覧者に宣伝と気付かれぬよう、サービスや商品を訴求するステルスマーケティング。同番組は、「実際にオファーを受けたことがあります」という落語家・立川談笑のコメントを伝えた。

「2年ほど前、ある広告代理店の方からメールを頂きました」と切り出した立川は、『ある飲料について、大好きだとツイートをしていただければ謝礼を支払いますが、いかがでしょうか?』というメールを紹介。「丁度、その飲料については、テレビのCMだったり車内の広告だったり、キャンペーンを展開しているところだったので、価値があるというふうにご覧になったのではないでしょうか」と振り返った。

だが、このオファーについて、立川は「お誘い頂いた段階でお断りをした。うそをつきたくないというのが一つと、その後、プライベートでもその飲料を飲まなくちゃいけないということに窮屈さを感じさ」と語っている。

このVTRが紹介されると、番組MCの小倉智昭は、「これ番組でも同じでね。『とくダネ!』の影響力ってそれなりに大きなものがある。だから、何かを食べて美味しいとか、あそこの店に行ってよかったとか、映画面白いよ、CDはこの曲がいいよとか、自分で実際に確かめてみないと我々も言えないじゃないですか。それを何もやってなくて、これはいいですよって言ったら、そりゃ、放送できない」と、その影響や責任を考えることなく、自らのブログに虚偽のエントリーを掲載した著名人らを批判、「法的に問われない可能性があるんだったら、軽々しく詐欺とかっていうのは言わないほうがいいのかもわかりませんが、それに近いものだって見られてもしょうがない」と語っている。

【関連記事】

記事提供元:livedoorニュース

livedoor CC-BY-ND

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐