ニュース
» 2012年12月19日 15時32分 公開

あの女性がいないだと……! 「NO MORE 映画泥棒」のCMがいつのまにか新しくなっていた件

なぜ変わった? いつのまに? 日本映画製作者連盟に疑問をぶつけてみました。

[ITmedia]

 映画の上映前には必ずと言っていいほど挿入される「NO MORE 映画泥棒」のCM。これまでは「劇場内での映画の撮影・録音は犯罪です」といったメッセージとともに、クネクネと踊るカメラ男(通称)を女性(ティアラさん)がポカーンと見つめている――というものでしたが、これが少し前から新しいバージョンに差し替わっているのをご存じでしたか? しかも新バージョンには、あの女性が出演していない……!

 確か12月頭くらいに別の映画を見た時は変わっていなかったはず。一体いつから変わったのか? 気になったので「NO MORE 映画泥棒」のCMを制作している、日本映画製作者連盟に聞いてみました。

画像 「NO MORE 映画泥棒」のポスター (C)「映画館に行こう!」実行委員会

「11月23日公開の『ロックアウト』という映画がたしか最速だったと思います。あのCMは映画館側が流しているのではなく、映画配給会社側が本編前にあらかじめ挿入しているものなので、どこかで一斉にタイミングを合わせて切り替えた、というわけではないんですよ」

 なるほど、作品によってフィルム量産のタイミングが異なるため、差し替えが間に合った作品から順次切り替わっていくということらしい。遅いものだと、来年春くらいに公開される作品でも、旧バージョンが挿入されていることがあるそうです。

「あのCMはもともと、2007年の盗撮防止法施行がきっかけで入れるようになったんです。いままで流れていたのは2作目で、新しいのが3作目になるんですが、どちらもちゃんと理由があってリニューアルしているんです」

 日本映画製作者連盟によると、1作目→2作目に切り替わったのは、2010年のダウンロード違法化がきっかけ、そして今回の3作目は、2012年10月1日の「違法ダウンロード刑事罰化」がきっかけとのこと。言われてみれば新しいCMは、違法ダウンロードについて警告するだけでなく、「刑事罰がつくようになった」ことをより強調する内容になっていました。

画像 「映画盗撮防止キャンペーン」のページでは、最初のバージョンのCMも公開されています (C)「映画館に行こう!」実行委員会

 ついでに「なぜあの女性はいなくなってしまったんですか?」と聞いてみると、「ええと、いろいろ案があった中で今回はこれを採用したというだけで、特に理由はありません(笑)」とのことでした。映画館へちょくちょく行く身としては、あのCMを見るたびに「そろそろ飽きたなあ……」などと思っていましたが、いざ見られなくなると思うと寂しいもの。まだしばらくは旧バージョンのまま流れている作品もありますので、ティアラさんに会いたい人はいまのうちですよ!

画像 ちなみにこの「カメラ男(通称)」、これまでにもバラエティ番組への出演や、タイアップ、商品化などさまざまなオファーがあったそうですが、映画業界側からすれば「悪の化身」ということで、「あまりおちゃらけたイメージを出したくない」とすべて断ってきたのだそうです (C)「映画館に行こう!」実行委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」