ニュース
» 2013年01月08日 16時37分 公開

「ウサギのできそこないが2匹でてくる絵本」ある? 福井県立図書館の覚え違いタイトル集が面白い

正解は「ぐりとぐら」……って分かるか!

[ITmedia]

 読みたい本があったけどタイトルがはっきり思い出せない……そんな経験をしたことがあるという人も多いのでは? 福井県立図書館のサイトで、そんな覚え違いタイトルの事例が紹介されているのですが、つい笑ってしまうすごい間違いがたくさん出ています。

画像

 旅行ガイド誌の「るるぶ」は「ぶるる」、「とっとこハム太郎」は「トコトコ公太郎」になるなどなかなかのうろ覚えっぷり。小説「蹴りたい背中」は「蹴飛ばしたい背中」になり、バイオレンス度が増しています。松尾芭蕉の「おくのほそ道」は「奥野細道」に。誰だよ!

 また、「ひとりたりない」は「ひとりになりたい」、「あんでらすの鐘」は「あでらんすの鐘」など、完全に意味が変わってしまっているものも多数。「トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。」という本は「年だから解雇よ」となり、ただのリストラになってしまっています。

 「よくそれで正解が分かったな」というものもちらほら。「フラダンス」から「船箪笥の研究」を探し当て、「田んぼの中にタガメがいる」から「誰がために鐘は鳴る」を導き出すなど、図書館員の方の検索能力に脱帽です。「ウサギのできそこないが2匹でてくる絵本」という相当なうろ覚えからでも「ぐりとぐら」を探しだせる模様。ちなみに「ぐりとぐら」は「のねずみ」だそうです。

画像 あなたの出会った覚え違い情報も募集中

 この「覚え違いタイトル集」は以前にもネットで話題になっていましたが、最近Twitterなどで拡散されて人気が再燃。サイトでは情報提供のメールフォームも設置されており、現在も更新が続いています。

関連キーワード

図書館 | 面白い | ネタ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響