ニュース
» 2013年01月15日 15時00分 公開

「親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンに感動」 ドラマ「ビブリア古書堂」感想ツイートが大喜利状態に

そういうドラマじゃねえからこれ!

[ITmedia]

 1月14日よりフジテレビ系列で放送開始されたテレビドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」。人気ライトノベルが月9枠でのドラマ化ということで放送前から話題になっていましたが、初回放送後のTwitterでの感想がまさかの大喜利状態になっています。Togetterにもまとめが。

画像

 Twitterに多く投稿された感想が「ビブリア古書堂、オリジナル要素が多かったのが気になったけど、ドラマ単体としては面白かった。」という一文から始まるもの。一見普通の感想ですが、この後に「特に、ラストシーンで剛力彩芽が親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった」といった感想が続きます。それは「ターミネーター2」だろ! いい加減にしろ!

画像 ネットでは定番になりつつある「ゴーリキーいじり」も多数

 このように、放送終了直後から他作品のラストシーンをネタにした大喜利ツイートが続々と登場。「ドラえもんが心おきなく未来に帰れるようにするために、のび太が一人で剛力に挑むところとかは不覚にも涙ぐんだ」「特に、ラストシーンで剛力彩芽がアヤメツーと和解してサトシたちの記憶を消してコピーポケモンたちと旅立っていったところは涙無しには見られなかった」など、皆さんどこかで見たことがあるシーンを重ねて勝手に感動しているようです。主演の剛力彩芽さんは、原作のロングヘアーで大人しい主人公とは「イメージが違いすぎるのでは?」と、キャスティングを疑問視する声も多く出ているようです。

 ちなみに「ビブリア古書堂の事件手帖」初回の視聴率は14.3%で、まずまずの滑り出しといったところ。実際に「オリジナル要素」が多い演出には賛否両論の感想が出ており、「ドラマ単体としては面白かった」という評価が本心からのものとなるかどうかは、今後の展開にかかってきそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた