ニュース
» 2013年01月15日 15時00分 公開

「親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンに感動」 ドラマ「ビブリア古書堂」感想ツイートが大喜利状態に

そういうドラマじゃねえからこれ!

[ITmedia]

 1月14日よりフジテレビ系列で放送開始されたテレビドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」。人気ライトノベルが月9枠でのドラマ化ということで放送前から話題になっていましたが、初回放送後のTwitterでの感想がまさかの大喜利状態になっています。Togetterにもまとめが。

画像

 Twitterに多く投稿された感想が「ビブリア古書堂、オリジナル要素が多かったのが気になったけど、ドラマ単体としては面白かった。」という一文から始まるもの。一見普通の感想ですが、この後に「特に、ラストシーンで剛力彩芽が親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった」といった感想が続きます。それは「ターミネーター2」だろ! いい加減にしろ!

画像 ネットでは定番になりつつある「ゴーリキーいじり」も多数

 このように、放送終了直後から他作品のラストシーンをネタにした大喜利ツイートが続々と登場。「ドラえもんが心おきなく未来に帰れるようにするために、のび太が一人で剛力に挑むところとかは不覚にも涙ぐんだ」「特に、ラストシーンで剛力彩芽がアヤメツーと和解してサトシたちの記憶を消してコピーポケモンたちと旅立っていったところは涙無しには見られなかった」など、皆さんどこかで見たことがあるシーンを重ねて勝手に感動しているようです。主演の剛力彩芽さんは、原作のロングヘアーで大人しい主人公とは「イメージが違いすぎるのでは?」と、キャスティングを疑問視する声も多く出ているようです。

 ちなみに「ビブリア古書堂の事件手帖」初回の視聴率は14.3%で、まずまずの滑り出しといったところ。実際に「オリジナル要素」が多い演出には賛否両論の感想が出ており、「ドラマ単体としては面白かった」という評価が本心からのものとなるかどうかは、今後の展開にかかってきそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響