ニュース
» 2013年01月16日 19時46分 公開

まさに天才の発想…… みんなが考える「ドラえもん」ひみつ道具コンテスト、最優秀賞は「おしっこバトン」

気になる効果は……だいたい想像できますね。

[ITmedia]

 Yahoo! JAPAN「大人のためのドラえもん特集2012‐2013」で行われた、「ひみつ道具大作戦!」の結果が発表された。応募者が考えたひみつ道具が映画に登場するというコンテスト。これまでに「Yahoo! JAPAN最優秀賞」1作品と「Yahoo! JAPAN優秀賞」2作品、「佳作」4作品が発表されている。

画像 各賞に選ばれた、みんなの考えるひみつ道具は?

 最優秀賞に選ばれたのは本城莉映倖さん(50)の「おしっこバトン」。おしっこしたいとき、このバトンを人に渡すと「その人が自分のかわりにおしっこしたくなる」というものだ。解説には「運動会で間違っておしっこバトンを受け取ってしまうと誰よりも早く走れるけど、ゴールしないでトイレに直行してしまうかも」とあって、この1文だけで、のび太たちがトラブルに遭う姿が容易に想像できる。

画像 最優秀賞の「おしっこバトン」。勝手にオリジナルストーリーを考えたくなる、ユーモアあふれる発明品だ

 特集には受賞者インタビューも掲載されており、それぞれの受賞の感想や発明エピソードなどが述べられている。「おしっこバトン」は3月公開の映画「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」に登場することが決定。残る「Yahoo! JAPANきっず賞」も近日発表予定とのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声