ニュース
» 2013年01月17日 19時28分 公開

コアラを助けて! 東山動物園がクラウドファンドでユーカリの栽培支援募る → 速攻で100万円達成

コアラ好きからの応援コメントが泣けます。

[ITmedia]

 日本で初めてコアラの展示を開始した、愛知県名古屋市の東山動物園が、クラウドファンドディングでユーカリの栽培費用支援を募っています

画像 コアラを守りたい!〜東山動植物園コアラ応援プロジェクト〜

 日本では東山動物園をはじめ8つの動物園でコアラを飼育していますが、その数は1987年の96頭をピークに年々減少。2011年末には48頭と、ピーク時のちょうど半分になってしまいました。コアラは大変な偏食家で、エサになるユーカリの確保が難しいことから、どうしてもエサ代が高額になりがちなのだそうです。

 プロジェクトは2000円から支援でき、支援者には招待券や貴重な「コアラのウンチペーパーしおり」などが贈られます。1月17日にページがオープンすると、たちまち支援が集まり、目標の100万円は早々に達成。応援コメント欄には「子供達が大好きな『コアラ』 絶対に守って下さい」「ノーコアラ ノーライフ! ユーカリ栽培大変だなと思ってたので、私がそのお役に立てるとは感激です」「名古屋市民としてドアラファミリーが困っていたら見過ごすことはできません」など、コアラ好きからの暖かいコメントが次々と寄せられました。

 寒さに弱いユーカリを日本で栽培するのは非常に難しく、今でも年間で5600万円ものエサ代がかかっているそう。すでに目標額には到達していますが、サイトでは引き続き支援を受け付けています。

画像 半日経たずに目標額達成!(1月17日午後7時時点)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む