ニュース
» 2013年01月22日 09時00分 公開

伝統工芸品×ハイテク技術で作る、のたうつ「宇宙クラゲ」ロボ

「宇宙クラゲ」ロボは、クラゲがのたうっている雰囲気を芸術的な感性で表現することで宇宙で泳ぐクラゲをイメージした。原型は薩摩焼というセラミックの陶磁器。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 東京大学大学院情報学環の河口洋一郎教授は「宇宙クラゲ」をテーマとし、クラゲが泳いでいる姿をロボットで制作しています。クラゲがのたうっている雰囲気を芸術的な感性で表現することで宇宙で泳ぐクラゲをイメージさせています。

今まではこのような軟体動物をロボティックにしたものはあまりないと思います。柔らかい動きをたくさん作らなければなりません。シンプルな機構を組み合わせて、クラゲの艶かしい動きを作るところに重点を置きました。繰り返しのゆらぎをうまく連動させながら、将来的にはそれに反応して感情的にいろいろやってくれるところまでもっていきたいと思っています。

 今回展示されているロボットの原型は薩摩焼というセラミックの陶磁器です。河口教授の地元の沈壽官と言う薩摩焼の著名な窯元の当主に、CGで型原型を作りそれを焼いてもらっています。

将来的にはもの作りの中に伝統工芸を入れていこうと思っているので、漆塗りなどにすることも考えています。今までやったことがないような組み合わせで新しい可能性を引き出して行きたいと考えております。

 河口教授は単なる芸術作品ではなく、中に入って宇宙旅行が行えるようなものを制作することを最終的な目標にしています。日本の伝統工芸品を世界に輸出するためにハイテク技術との融合を視野に入れ、今回のプロジェクトの成果を新しい文化創出に活かしていきたいと考えています。

関連キーワード

ロボット | 伝統工芸 | 陶器 | セラミック


Copyright(c) Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響