ニュース
» 2013年01月24日 11時00分 公開

かつて世界最大、いま廃墟―― 琵琶湖をのぞむ大観覧車「イーゴス108」は今でもときどき動く

滋賀の琵琶湖近くにそびえ立つ巨大観覧車。営業終了から12年、その裏には元社長の意地が。

[石田賀津男 ,ITmedia]

 滋賀県大津市の琵琶湖岸に、ひときわ目を引く巨大な観覧車があります。この観覧車、12年前に営業を終了し、現在は使われていません。表面はあちこち錆びていて、まさに廃墟のようなありさま。地元の人からは、どこか壊れるのではないかという不安の声も聞かれているのですが、実際は壊れていないどころか、今も元気に動くというのです。

画像 2013年1月現在の「イーゴス108」。高さは今も昔も108メートル

 この観覧車の名前は「イーゴス108」。足元にあった遊園地「びわ湖タワー」の目玉アトラクションとして1992年に建てられ、完成時には世界最大となる108メートルの高さを誇りました。しかしその後、2001年に「びわ湖タワー」は閉園し、「イーゴス108」も営業を終了。跡地にはスーパーや家電量販店が出店していますが、この観覧車だけが今も取り壊されずに残っています。

画像画像 遠目にはわかりにくいですが、近づいてみると錆び錆び。これで108メートルあるので、確かに怖いです

画像画像 観覧車の周辺は立ち入り禁止。設備は荒れたままになっています。

画像画像 近くにあったアトラクションや施設も放置され、まさに廃墟

 現在「イーゴス108」を所有する大阪の不動産会社に問い合わせてみると、今後どうするかは何も決まっていないというお答え。その代わりに、詳しいことを聞きたいならばと、びわ湖タワーの社長だった前田茂さんを紹介されました。前田さんは現在89歳ですが、はっきりした口調で「イーゴス108」に関するエピソードを語ってくれました。

 今も観覧車だけが残されている理由は、「もしほかに運営してくれる人がいれば、あの場所で再開したい」と前田さんが希望したため。他の場所に移設して動かすという話もあったそうですが、「他所に持っていってほしくなかったが、なかなか条件が合わず、そのままになっている」というのが、事の真相だそうです。

 そしてこの「イーゴス108」、今もちゃんと動きます。「ゴンドラやセンター軸のベアリングが壊れないように、時々回しておかないといけない。もう電気が来ていないので、非常用のガソリンエンジンで動かしている」という前田さん。既に所有者ではありませんが、ボランティアでメンテナンスを買って出て、閉園から10年間、毎月1回動かしてきました。ちなみに今は2カ月に1回のペースで動かしているそう。

 さすがに人を乗せるには整備が必要ですが、大仕事にはならないと前田さんは言います。物を載せるくらいなら構わないということで、地元の大学やテレビ局などから依頼され、カメラを載せて、108mの高さから琵琶湖を撮影したこともあるそうです。

画像 震度7の地震や、風速60メートルの暴風にも耐えられる設計。錆びていても現役です

動画が取得できませんでした
実際に動かしている様子を撮影した動画もありました

 気になる今後については、東南アジアに移設する話があるものの、まだ決まってはいないそうです。前田さんは、「観覧車を建ててから、去年で20年目。現在も街のシンボルになっていて、私にしたら自分の子みたいなものなので、潰したくない」と胸の内を語りつつも、「ここでどうしてもダメなら、移築が実現して2度目のご奉公ができれば、12年間ボランティアでメンテナンスをしてきた値打ちがある。『びわ湖タワー』を閉めた時は77歳、今は89歳。もうちょっと元気でおらんと」と笑っていました。

 前田さんはほかにも、「同じ図面で作られた観覧車が仙台でも同時オープンした。どちらも107mだったので、土台を1m上げて世界一にした」、「遊園地で、駐車・入場無料というのは全国でもウチだけ。ドライブインレストランから始まったので、入場料はええやろう、数で勝負しようといっていた」と、いろいろなエピソードを語ってくれました。

 ともあれ、移設の話がまとまれば、「イーゴス108」はついに琵琶湖岸から姿を消すことになります。閉園から12年経った今なお、日本で指折りの巨大観覧車。もう乗るのは無理ですが、今のうちに見に行ってみてはいかがでしょうか。

 なお「イーゴス108」という名前は一般公募で選ばれたもの。約8000通もの応募があったそうです。前田さんいわく「懸賞金の50万円が効いていた」だそうです。

画像 「イーゴス108」の名前の由来が分かる看板。大事なことなので3回言いました

画像 プラットフォーム上にあるゴンドラ。小さく見えますが1基6人乗りです

画像 錆びてはいますが、堂々たる威容です

画像 支柱部分は8色に塗り分けられているのが、今でも確認できます

画像 隣の家電量販店がまるでミニチュアのよう

画像 家電量販店のガラスに映りこんだ「イーゴス108」。今しか見られない光景かも

関連キーワード

琵琶湖 | テーマパーク/遊園地 | 関西


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」