ニュース
» 2013年01月24日 19時38分 公開

「ネコは生まれながらの殺し屋」とニュージーランドでネコ追放運動 反対の声も

ネコは野鳥を殺し、野生生物を滅ぼすとして、ニュージーランドの事業家がアンチ猫キャンペーンを展開。反発を招いています。

[ITmedia]

 ネコは環境の破壊者だと、ニュージーランドの男性がネコ追放運動「Cats To Go」を立ち上げ、話題になっています。

Cats To Go

 Cats To Goは事業家で慈善活動家のGareth Morganさんによるもの。ネコは野鳥を殺し、野生生物を滅ぼすと主張しています。彼は政府のデータや学術論文を挙げ、ネコが原因でニュージーランド固有の鳥が9種絶滅しており、ほかにも絶滅が危惧されている鳥やコウモリが脅かされていると指摘。ニュージーランドは世界で最もネコを飼っている人が多く、140万匹いることも拍車を掛けているようです。「あなたが飼っている小さな毛玉はナチュラルボーンキラー(生まれながらの殺し屋)だ」とMorganさんはネコの飼い主に訴えかけています。

 ネコがいなくなったら「ニュージーランドは野生生物であふれ、ビーチにはペンギンがいて、庭をキウィが歩き、街で鳥の歌が聞こえてくる」だろうとMorganさん。とはいえ、ネコを殺すことを求めているわけではなく、ネコに(狩りが成功しづらいように)鈴をつけること、ネコを去勢すること、飼っているネコを家から出さないこと、ネコが亡くなったときに新しいネコを飼わないことを呼びかけています。またネコを飼うのを登録制にして、ネコにマイクロチップを付けることを義務づける法律の制定に向けた署名も行っています。

 この運動に対しては既に反発の声が上がっており、動物保護団体SPCAは「絶対反対」とコメント。飼いネコのうち狩りをするのは50%未満であり、さらに狩りの対象は害獣であることが多く、鳥がターゲットになることは少ないという研究結果を引き合いに出しています。飼いネコを排除すれば人々から喜びを奪うだけでなく、希少な鳥を滅ぼす生き物を生き延びさせることにもなる、とも主張しています。

 ちなみにCats To GoのWebサイトでは、「今飼っているネコを最後の飼いネコにしますか?」というアンケートが実施されていますが、「ノー」が75%となっています。

アンケートは「ノー」が優勢

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声