ニュース
» 2013年01月24日 19時38分 公開

「ネコは生まれながらの殺し屋」とニュージーランドでネコ追放運動 反対の声も

ネコは野鳥を殺し、野生生物を滅ぼすとして、ニュージーランドの事業家がアンチ猫キャンペーンを展開。反発を招いています。

[ITmedia]

 ネコは環境の破壊者だと、ニュージーランドの男性がネコ追放運動「Cats To Go」を立ち上げ、話題になっています。

Cats To Go

 Cats To Goは事業家で慈善活動家のGareth Morganさんによるもの。ネコは野鳥を殺し、野生生物を滅ぼすと主張しています。彼は政府のデータや学術論文を挙げ、ネコが原因でニュージーランド固有の鳥が9種絶滅しており、ほかにも絶滅が危惧されている鳥やコウモリが脅かされていると指摘。ニュージーランドは世界で最もネコを飼っている人が多く、140万匹いることも拍車を掛けているようです。「あなたが飼っている小さな毛玉はナチュラルボーンキラー(生まれながらの殺し屋)だ」とMorganさんはネコの飼い主に訴えかけています。

 ネコがいなくなったら「ニュージーランドは野生生物であふれ、ビーチにはペンギンがいて、庭をキウィが歩き、街で鳥の歌が聞こえてくる」だろうとMorganさん。とはいえ、ネコを殺すことを求めているわけではなく、ネコに(狩りが成功しづらいように)鈴をつけること、ネコを去勢すること、飼っているネコを家から出さないこと、ネコが亡くなったときに新しいネコを飼わないことを呼びかけています。またネコを飼うのを登録制にして、ネコにマイクロチップを付けることを義務づける法律の制定に向けた署名も行っています。

 この運動に対しては既に反発の声が上がっており、動物保護団体SPCAは「絶対反対」とコメント。飼いネコのうち狩りをするのは50%未満であり、さらに狩りの対象は害獣であることが多く、鳥がターゲットになることは少ないという研究結果を引き合いに出しています。飼いネコを排除すれば人々から喜びを奪うだけでなく、希少な鳥を滅ぼす生き物を生き延びさせることにもなる、とも主張しています。

 ちなみにCats To GoのWebサイトでは、「今飼っているネコを最後の飼いネコにしますか?」というアンケートが実施されていますが、「ノー」が75%となっています。

アンケートは「ノー」が優勢

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」