ニュース
» 2013年01月24日 19時38分 公開

「ネコは生まれながらの殺し屋」とニュージーランドでネコ追放運動 反対の声も

ネコは野鳥を殺し、野生生物を滅ぼすとして、ニュージーランドの事業家がアンチ猫キャンペーンを展開。反発を招いています。

[ITmedia]

 ネコは環境の破壊者だと、ニュージーランドの男性がネコ追放運動「Cats To Go」を立ち上げ、話題になっています。

Cats To Go

 Cats To Goは事業家で慈善活動家のGareth Morganさんによるもの。ネコは野鳥を殺し、野生生物を滅ぼすと主張しています。彼は政府のデータや学術論文を挙げ、ネコが原因でニュージーランド固有の鳥が9種絶滅しており、ほかにも絶滅が危惧されている鳥やコウモリが脅かされていると指摘。ニュージーランドは世界で最もネコを飼っている人が多く、140万匹いることも拍車を掛けているようです。「あなたが飼っている小さな毛玉はナチュラルボーンキラー(生まれながらの殺し屋)だ」とMorganさんはネコの飼い主に訴えかけています。

 ネコがいなくなったら「ニュージーランドは野生生物であふれ、ビーチにはペンギンがいて、庭をキウィが歩き、街で鳥の歌が聞こえてくる」だろうとMorganさん。とはいえ、ネコを殺すことを求めているわけではなく、ネコに(狩りが成功しづらいように)鈴をつけること、ネコを去勢すること、飼っているネコを家から出さないこと、ネコが亡くなったときに新しいネコを飼わないことを呼びかけています。またネコを飼うのを登録制にして、ネコにマイクロチップを付けることを義務づける法律の制定に向けた署名も行っています。

 この運動に対しては既に反発の声が上がっており、動物保護団体SPCAは「絶対反対」とコメント。飼いネコのうち狩りをするのは50%未満であり、さらに狩りの対象は害獣であることが多く、鳥がターゲットになることは少ないという研究結果を引き合いに出しています。飼いネコを排除すれば人々から喜びを奪うだけでなく、希少な鳥を滅ぼす生き物を生き延びさせることにもなる、とも主張しています。

 ちなみにCats To GoのWebサイトでは、「今飼っているネコを最後の飼いネコにしますか?」というアンケートが実施されていますが、「ノー」が75%となっています。

アンケートは「ノー」が優勢

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた