ニュース
» 2013年01月29日 09時00分 公開

ユーザーニーズがいつの間にか逆転 ひろゆき氏ニコニコについて語る

西村博之さんがニコニコに関してTwitterでユーザーとやり取りした話に注目が集まっている。

[livedoorニュース]
livedoorニュース

ニコニコ動画の運営さんであるニワンゴの取締役で知られる“ひろゆき”こと西村博之さんがニコニコに関してTwitterでユーザーとやり取りした話に注目が集まっている。ニコニコのブロマガに『ユーザーが欲しいものを提供するはずが、「こういうユーザーが欲しい」に変わっちゃう話。』という内容でやり取りがまとめられているので気になる人は読んでみるといい。

はてなの匿名ダイアリーで「ニコニコ動画で有名になっても良い事がなかった話」という日記があり、そこから話がニコニコの方向性、いままでやってきたこと、これからやっていくべきことといった方向に話が流れて行く。その内容が非常におもしろいのだ。

例えるならバラエティ豊かな食事が楽しめる店があって、当初はみんなでわいわい楽しく手作り感満載で楽しんでいたんだけれど、お店の認知度が上がって有名になって行列ができるようになった途端に手のひらを返したように客を選別するようになるような状況になってませんか? と、そういうことすると客が逃げちゃうよという話。

元々は「客に選ばれるように頑張って店をやって来たはずが」、有名になりすぎて「店が客を選ぶ」ように変化しているんじゃないかと、そんなことだから、客が見向きもしなくなるサービスしか出てこないんじゃないかという話で、これは筆者にも覚えがあることで、読んでいて個人的に非常に胸が痛くなった。

筆者、創刊から携わっていた雑誌(PC専門誌)がつぶれてしまったことがある(ちなみに潰してはない)。この雑誌、始めから怪しかった。創刊から2年で6万8千部から2万8千部へ落ちて行き、そのまま休刊へとまっしぐらに進んで行った。

部員皆が次の行き場所考えつつも「どうせ潰れちゃうなら何やってもいいだろ!」と開き直って、編集部員各自が最後だからと思いっきり作る側が楽しめる企画を行ったところ、それが受けて息を吹き返し、以降、毎年倍々で読者数を伸ばして行った。その間も、自分たちのやりたいことを、やりたいように企画して行った。

いっときは専門誌ながら約18万部を売り上げるまで成長、赤字から大幅な黒字へと大逆転した。社内では、陰に隠れて小さく縮こまっているような状態から、一転肩で風を切って歩くような状態になり、それはそれは偉そうにしていた。いま思うと顔から火が出そうだ。

その後、読者が求める企画を考えることなく、1年間を通じて同じネタを角度を変えて見せることで、数年間は部数を維持したものの、同じことを繰り返していることに気付いた読者が徐々に離れて行き部数を落としてしまった。休刊になる前にその雑誌を離れたので、潰した張本人になっていないのだけが救いである。

とまあこの手の方向性の話は、何もニコニコに限ったことではなく大小関係なくメディアに関わる人々が悩まされ続けるテーマでもある。飛ぶ鳥を落とす勢いだったmixiも大企業になって数字だけを見るようにガチガチな体質になってしまい、人を見なくなったためにユーザーを失ってしまった。ガチャ問題で注目されたGree、モバゲーといった飛ぶ鳥を落とす勢いの企業も、ユーザー目線を外してしまうと同じように凋落していくだろう。

確かにユーザー数は増えてきたニコニコだが、まだまだ伸びしろは十分にあるサービスだと思う。「どうだ? 俺が作ったんだ! おまえらありがたく使え!」という押し付け機能ではなく、再度ユーザー目線で新サービスを企画するなどすれば、さらに伸びて行くと思うのだが、どうなるのかは数年後には判明するだろう。


■ニコニコの記事をもっと見る

記事提供元:ITライフハック

関連キーワード

ニコニコ動画 | ブロマガ | ひろゆき


livedoor CC-BY-ND

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」