ニュース
» 2013年01月29日 18時20分 公開

「ビックデータをマッシュアップすることで……」 バズワードばかり使う人にウソ発見器を取り付けてみたら

「クラウド」「ユビキタス」とか、ちゃんと理解して使ってる!?

[ITmedia]

 「カスタマーとアトリビューションをエンゲージしてバリューなカバレッジを……」

 こんな会話に遭遇したことはありませんか? 意味はよく分からないものの、使うとなんとなくスゴそうに聞こえるこれらのバズワード。でもこういう言葉を連発する人に限って、しゃべってる内容はスカスカだったりするから困りものです。

 ということで、そんなバズワードばかり連発する人にウソ発見器を取り付けてみたら……というCMをご紹介。「Adobe Marketing Cloud」のCMということで、舞台はマーケティング会社の採用試験会場となっています。

動画が取得できませんでした
画像 「ビックデータをマッシュアップすることでマネタイズし」……

画像 頭に電気がビリビリ!!

 受験者は頭にウソ発見機を装着させられ、適当なバズワードを使うと電流が流れる仕組み。「ビックデータをマッシュアップすることでマネタイズし……ウゥッ!」。うめき声とともに言葉を止める受験者。面接官は用紙の「嘘」項目にチェックを入れます。

 他にも2人の受験者が自己PRに挑戦しますが、次々とバズワードを連発し電撃を食らう羽目に。「バイラルな感じでドーンと、ズバっと……ううっ!」「コミットメントをインターナルにソリューションみたいに゛っ!」……うめき声が気の毒ですが、自分をアピールするならもっと具体的な言葉で説明してほしいものです。「エクスペリエンスにしちゃうよ!」ってなんだよ! お前はルー大柴か!

画像 「コミットメントをインターナルにソリューションみたいに゛っ!」ウソ発見!!

 結局CMは全員不合格のまま終了します。本質のない見せかけだけの安易なバズワードは確かにウソ同然!? 安易なバズワード連発にうんざりしている人が見たら、ちょっとスカッとする動画かもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響