ニュース
» 2013年01月31日 16時34分 公開

パクリツイートがバレバレになるWebサービス、その名も「おいでよ パクツイの森」

大人気につき現在は新規登録を停止中。2月ごろリニューアルオープン予定。

[ITmedia]

 誰かのツイートをさも自分の考えた発言かのように再投稿する「パクツイ」行為。最近もコピペツイートをしていた「ワロスwwwBOT」が炎上したばかりですが、その発言がパクリなのかどうか見抜くのはなかなか難しいのも事実。そんなパクツイを一目で分かるようにしてくれるのが、「おいでよ パクツイの森」(略してパク森)というWebサービスです。

画像

 「パク森」は、TLのツイートの中から定期的にパクツイやパクられたツイートを見つけ出してくれるサービス。類似したパクツイたちの関係性は、「パクツイの木」という図によって確認することも可能。登録すると、誰が誰のツイートをパクっているのか、あるいはパクられたのかといったことがバレバレになります。

画像 「パクツイ」ダメ、ゼッタイ

 公開初日から人気になり、制作者のおくみん(@okumin)さんのブログによると、なんと1日で1万件以上のパクツイが検出されたとのこと。制作者も予想以上のパクツイの数に驚いたそうです。意図せずツイートが被ってしまうケースも多少はあるにせよ、悪意あるパクツイはせず、周知したい場合はリツイート機能を使っていくように心がけましょう。

 パク森は登録者が想定以上に増えたため、現在は新規登録を一時的に停止中。2月ごろにリニューアルオープンを予定しているそうです。

関連キーワード

Twitter | Webサービス


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響