ニュース
» 2013年02月01日 11時37分 公開

豆乳に清涼感とはなんぞ? ラムネ風味の豆乳飲料を飲んできた

意外といける。

[北本祐子,ITmedia]

 これまでも従来あるものを改良したり、海外の珍しい果物などの新しいテイストの飲料が発売されてきました。毎シーズン、新しい味が発売される度に、「ええっ? これ、おいしいの?」と疑問を持っていたのに、いつの間にやら多くのメーカーが展開する定番になり、おなじみの味になっていく……。

 しかし、その裏には数々の消え去った兵(つわもの)たちの姿が……。でも、一時でも私たちの舌を楽しませてくれたであろう飲み物たちのことは、もう出会えないからこそ強く残ることもあります。

 この春、私がもっとも気になるのが、キッコーマン飲料より発売される「紀文 豆乳飲料 健康ラムネ」! 

 まず、なぜ豆乳にラムネ? そして、なぜ「健康」がつくの? そんな疑問を抱えて、キッコーマン本社に行ってきました。

 キッコーマンの担当者によると、豆乳の消費量は2011年には22万1000トンと、2001年からの10年間での329%も拡大。これまでにも、「白物豆乳」とされる特濃や無調整など、豆乳そのものの味を楽しむものから、麦芽コーヒーや紅茶など、牛乳であるものを豆乳に置き換えた商品を発売してきました。加えて、果汁入り豆乳飲料という新たな商品を開発してきたなかで、昨今のゼロカロリーや特保のコーラーのヒットから、健康系炭酸飲料のゾーンに着目。これまでの豆乳にはなかった「清涼感」の部分を訴求した商品の開発を行い、1本あたり食物繊維3.8グラムを含むことから、「健康」の文字を入れ、今回の「健康ラムネ」味の誕生と相成ったそうです。

 その実物がこちら。

画像 生産前のため、よーく見ると張り合わせた手作りのパッケージ。デザインは最終版です

 駄菓子屋や海の家などでかかっていそうな“ラムネ”と書かれた旗のイラスト。しかし、そこには「無炭酸ラムネ味飲料」の文字が。なるほど、あくまでも炭酸飲料ではなく豆乳飲料なんですね。ちなみに、炭酸だけでなく、ビンのラムネではお馴染みのビー玉も当然入っておりません。

 ラムネ味なので、子供がターゲットかと思いきや、メインは40代の男性狙い。ラムネ味という響きがかもし出す郷愁を感じる世代。味わいは、お風呂上りやスポーツ後などの発汗時にさわやかに飲んでほしいそうです。

 さて、肝心の中身ですが、まだ製品化前ということでカップでいただきました。

画像 取材に来たはずが、モニター実験をしている気分になる。ほかのものと間違わないようにという、素敵なご配慮です

 色は、普通の豆乳と同じなのですが、香りは明らかにラムネ! 甘ーい香りがします。そして、肝心の味は……やっぱりラムネだ! しゅわしゅわしたラムネではなく、炭酸が抜けてしまった甘い味だけになっている。そんな感じです。もっと鼻に抜けるような強烈な炭酸風味をイメージしていましたが、甘みのある乳酸飲料という感じであっさりいただけました。豆乳感は確かに薄いので、豆乳がなんとなく苦手だという人もこれならば飲めるのでは? 

 ちなみに、同時に発売されるのが、マンゴーをブレンドした「豆乳飲料 マンゴー」と「豆乳飲料 ラッシー」。こちらのターゲットはいずれも20歳代以上の女性なのですが、ラッシーのみ「辛いメニュー好きな人」というサブターゲットを設定。これは、インド発祥のヤギ乳や牛乳を発酵して作った飲料であるラッシーを、牧畜民族ではない日本人は大豆たんぱく質の豆乳で摂取を! と狙っているようです。

画像 こちらのパッケージも、まだ生産前のため手作り

画像 3つ比べてみました。色は明らかに違います

 発売日は、いずれも3月4日。果たして強く記憶に残るだけのドリンクとなるのか、ヒットして新たな市場を生み出すのか。どうぞ見かけた際は手に取りお試しください。

関連キーワード

豆乳 | 飲料 | 健康 | 商品開発


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響