ニュース
» 2013年02月12日 15時20分 公開

複製困難、人工DNAを含有した偽造防止印刷用インク開発

塩基配列を人工的に設計。

[ITmedia]

 人工DNAを含有した偽造防止効果の高い印刷用インクを開発したと、タグシクス・バイオと大日本印刷が発表した。人工DNA含有インクは模倣がほぼ不可能であり、紙幣や金券などの印刷物での利用が期待されている。

 DNAの塩基配列を任意に設計することで偽造防止などに効果があると研究されていたが、特殊な分析装置や解析技術があれば複製できるとしてより高度な技術が求められていた。今回、タグシクス・バイオが開発した人工DNAを利用することで、模倣が極めて困難となり、外部からDNAが混入した場合でも誤認などを防ぐという。

画像

 従来は光や温度、湿度などの環境条件によって、DNAの保存性が低下するという問題があったが、光に強い特性もある。さらに、印刷物表面に人工DNAが露出しないよう表面を保護インクでコーティングすることにより環境条件による悪影響を受けづらくした。

 なお、真贋判定には約半日程度必要な簡易認証と1日半ほど判定に期間を要する最終認証の2つの方法があるとのこと。費用に関しても従来のものよりも10〜20%増で抑えたいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」