ニュース
» 2013年02月19日 16時08分 公開

「ネット弁慶さんは東北へ行ってボランティアしてきなよ」 NHK広報局のツイートが賛否両論の議論に

ゆるいつぶやきが人気のアカウント。珍しくゆるくないつぶやきが議論になっています。

[ITmedia]

 NHK公式Twitterアカウントの中でもゆるいツイートが多いことで人気のNHK広報局アカウントですが、とあるツイートがきっかけで賛否両論の議論になっています。

画像

 発端となったのは18日深夜に発信された「(゚ー゚*)。oO(ヘイトスピーチをまき散らすだけで、まるで何か世の中の役に立つことをやっている気になっているようなネット弁慶さんたちには、1度でいいから東北へ行ってボランティアでもしてきなよ、と言いたい。かなり本気で言いたい)」というツイート。これに対して寄せられたさまざまな反応が、NAVERまとめなどでもまとめられています。

 「よく言った!」「極めて公正な見方だと思う」など賛同する意見も多くある一方、「マスコミが言っていいこと?」「あまり腹の立つひとりよがりのツイートをしないでよ」「正論ですけど、そう言いたいのならツイートではなく、本来のお仕事の範囲でやった方がよろしいのでは」といった意見も出ていました。

画像

 NHK広報局アカウントは「ヘイトスピーチ」について「人が“自分では変えることの出来ない特徴や環境”などをとりあげて、その人を貶めたり攻撃したりするような発言」と説明しており、「東北についてひどいことを言っている人たちがいたのでツイートしただけですよ」とのこと。「中の人」自身も月に2回程度東北でのボランティア活動に参加しているそうで、「現地に立って実際に自分の目でみる風景と、単なる想像でまき散らされる言葉との、あまりにもの乖離にただ胸を痛めている」という個人的な心情も強く反映された発言だったようです。

 該当ツイートを批判する意見として多く見られたのが「個人的見解は自分のアカウントでやってほしい」というもの。「ネット弁慶」「ヘイトスピーチ」などNHK広報局としては強めの単語も反発を招く一要因になったようです。「ゆるいからこそ親しみがわく」「意見だもん穴があるのは当然。それをみんなでパテ埋めするのが議論であり多くの人はその穴をほじくってるだけで中身がない」など同アカウントの自由な発言を支持する意見も出ており、こちらについても議論になっていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ