ニュース
» 2013年02月19日 16時08分 公開

「ネット弁慶さんは東北へ行ってボランティアしてきなよ」 NHK広報局のツイートが賛否両論の議論に

ゆるいつぶやきが人気のアカウント。珍しくゆるくないつぶやきが議論になっています。

[ITmedia]

 NHK公式Twitterアカウントの中でもゆるいツイートが多いことで人気のNHK広報局アカウントですが、とあるツイートがきっかけで賛否両論の議論になっています。

画像

 発端となったのは18日深夜に発信された「(゚ー゚*)。oO(ヘイトスピーチをまき散らすだけで、まるで何か世の中の役に立つことをやっている気になっているようなネット弁慶さんたちには、1度でいいから東北へ行ってボランティアでもしてきなよ、と言いたい。かなり本気で言いたい)」というツイート。これに対して寄せられたさまざまな反応が、NAVERまとめなどでもまとめられています。

 「よく言った!」「極めて公正な見方だと思う」など賛同する意見も多くある一方、「マスコミが言っていいこと?」「あまり腹の立つひとりよがりのツイートをしないでよ」「正論ですけど、そう言いたいのならツイートではなく、本来のお仕事の範囲でやった方がよろしいのでは」といった意見も出ていました。

画像

 NHK広報局アカウントは「ヘイトスピーチ」について「人が“自分では変えることの出来ない特徴や環境”などをとりあげて、その人を貶めたり攻撃したりするような発言」と説明しており、「東北についてひどいことを言っている人たちがいたのでツイートしただけですよ」とのこと。「中の人」自身も月に2回程度東北でのボランティア活動に参加しているそうで、「現地に立って実際に自分の目でみる風景と、単なる想像でまき散らされる言葉との、あまりにもの乖離にただ胸を痛めている」という個人的な心情も強く反映された発言だったようです。

 該当ツイートを批判する意見として多く見られたのが「個人的見解は自分のアカウントでやってほしい」というもの。「ネット弁慶」「ヘイトスピーチ」などNHK広報局としては強めの単語も反発を招く一要因になったようです。「ゆるいからこそ親しみがわく」「意見だもん穴があるのは当然。それをみんなでパテ埋めするのが議論であり多くの人はその穴をほじくってるだけで中身がない」など同アカウントの自由な発言を支持する意見も出ており、こちらについても議論になっていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」