ニュース
» 2013年02月21日 09時24分 公開

「ドラえもん」がバングラデシュで放送禁止に……一体なぜ?

その理由は言語教育にありました。

[ITmedia]

 「ドラえもん」のアニメがバングラデシュで放送禁止になったことが海外メディアで報じられています。インドのヒンディー語で放映されるドラえもんを子どもたちが見ることで、母国語であるベンガル語の習得に支障が生じているのが理由とのこと。

画像 ドラえもんの放送禁止を報じた記事

 ドラえもんに関する問題は少なくとも昨年半ばごろから指摘されていました。ヒンディー語版ドラえもんがバングラデシュで繰り返し再放送されていることから、多くの子どもが家族の前でもヒンディー語を話すようになっており、また子どもたちがのび太のようになまけたり、ドラえもんのようなロボットを欲しがったりするケースもあったとか。

 バングラデシュでは隣国インドの番組が衛星放送されており、ドラえもんもその1つ。インドの番組を好む世帯も多く、政府は文化的な影響を気にしています。教育への悪影響が懸念されるほどドラえもんが人気というのは興味深い事実です。

関連キーワード

ドラえもん | 子供 | 教育 | 放送禁止


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響