ニュース
» 2013年02月21日 14時46分 公開

聴覚障害、いじめ、青春――週刊少年マガジンの読み切り「聲の形」がすごいと話題に

内容のきわどさから編集部でも「載せていいのか?」と議論になったという。

[ITmedia]

 2月20日発売の週刊少年マガジン12号に掲載されている61ページの大作読み切り「聲(こえ)の形」。聴覚障害を持つ少女がクラスでいじめにあうという衝撃的な内容ながら、「とにかくすごい作品」だと大きな話題になっています。Togetterでもその一部がまとめられています。

画像

 「聲の形」は漫画版「マルドゥック・スクランブル」を連載した大今良時さんが、19歳の時にマガジン新人漫画賞で最高賞を受賞した作品。内容のきわどさから当時は「掲載NG」となっていましたが、弁護士や全日本ろうあ連盟との協議を重ね、別冊少年マガジンに掲載されると読み切り作品ながら人気1位を獲得。その内容に大幅な加筆修正を加えたものが、今週の週刊少年マガジンに掲載されました。

 別冊少年マガジンの編集長らも「本当にすべての人に読んでほしい漫画です」と猛プッシュ。掲載号が発売されると、Twitterでは「空気感のリアル加減がグンバツだった」「何度ももう一回読もうとしてんだけど何か怖くて読めない」など衝撃的な内容に驚く人が続出。「痛いし、キツい内容だった。けど、最後まで読んで良かった」など心に深く突き刺さったという感想を持つ人が多く見られました。

 また、実際に聴覚障害がありいじめられた経験を持つという方の感想もまとめられており、「ろうの少女があまりにも受動的ないい子過ぎて俺はすごくだめなんだ」など複雑な心境をツイートしています。難しいテーマだけに手放しで絶賛はできないという意見も出ていますが、「考えさせられる話」として大きな反響を呼んでいるようです。

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」