ニュース
» 2013年02月24日 09時00分 公開

ウルトラマン×伝統工芸:匠の技が新たな命を吹き込んだ「ウルトラ九谷焼」[2/2]

世界を代表する特撮シリーズと、とある地方都市のコラボレーションの物語。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 九谷焼のふるさとである石川県能美市は、昨年に市制7周年を迎えた。ウルトラファンのみんなは『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』の製作に参加していた脚本家、佐々木守(1936-2006)を知っているかもしれないが、実はこの能美市(旧根上町)の出身なんだ。ま、それにしても能美市はウルトラヒーローたちよりずいぶんと若いんだけどね。

 そんな能美市と、人気の特撮シリーズとの関わりは、円谷プロとのコラボレーションで2004年に小さなテーマパーク「ウルトラスタジアム」をオープンさせたことにはじまる。いったんは2007年に閉鎖されたウルトラスタジアムだったが、存続を求めるファンの声は強く、翌年には再開している。つまり、能美市は「ウルトラ市」を目指しているわけだ。

 市制7周年を記念して、能美市ではウルトラ「セブン」に引っ掛けたイベントがいくつも開催された。その人気たるや凄まじく、そこで九谷焼によるオリジナル作品として、ベテラン作家の手になるバルタン星人、ウルトラマン、カネゴン、ピグモン……という一連のシリーズが製作された。しかしウルトラマンが最初の一作でなかったんは、なぜなんだろう?

 そして今年、新たな展開として若手女性作家による製作となったのが、ウルトラセブン、エレキング、メトロン星人というわけだ。しかも能美市に出かければ、白磁のフィギュアに自分で絵付けをして、焼き上げて、自分だけのウルトラ九谷焼を持って帰れるというワークショップもあるという。それに、作家のシリーズも販売が検討されているとか……というわけで、ちょっと目が離せないハナシになっているのだ。


シリーズ第1作:バルタン星人
シリーズ第2作:ウルトラマン、その人
シリーズ第3作:カネゴン

シリーズ第4作:ピグモン。ガラモンじゃないからね!
こちらは九谷焼の小鉢。アイスラッガーだ!

原文:Ultra Characters Recreated Using Kutani Techniques [2/2]

関連キーワード

円谷プロ | 伝統工芸 | 陶器 | ウルトラマン


© Tokyo Otaku Mode Inc.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」