ニュース
» 2013年02月24日 09時00分 公開

匠の技が新たな命を吹き込んだ「ウルトラ九谷焼」[2/2]ウルトラマン×伝統工芸

世界を代表する特撮シリーズと、とある地方都市のコラボレーションの物語。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 九谷焼のふるさとである石川県能美市は、昨年に市制7周年を迎えた。ウルトラファンのみんなは『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』の製作に参加していた脚本家、佐々木守(1936-2006)を知っているかもしれないが、実はこの能美市(旧根上町)の出身なんだ。ま、それにしても能美市はウルトラヒーローたちよりずいぶんと若いんだけどね。

 そんな能美市と、人気の特撮シリーズとの関わりは、円谷プロとのコラボレーションで2004年に小さなテーマパーク「ウルトラスタジアム」をオープンさせたことにはじまる。いったんは2007年に閉鎖されたウルトラスタジアムだったが、存続を求めるファンの声は強く、翌年には再開している。つまり、能美市は「ウルトラ市」を目指しているわけだ。

 市制7周年を記念して、能美市ではウルトラ「セブン」に引っ掛けたイベントがいくつも開催された。その人気たるや凄まじく、そこで九谷焼によるオリジナル作品として、ベテラン作家の手になるバルタン星人、ウルトラマン、カネゴン、ピグモン……という一連のシリーズが製作された。しかしウルトラマンが最初の一作でなかったんは、なぜなんだろう?

 そして今年、新たな展開として若手女性作家による製作となったのが、ウルトラセブン、エレキング、メトロン星人というわけだ。しかも能美市に出かければ、白磁のフィギュアに自分で絵付けをして、焼き上げて、自分だけのウルトラ九谷焼を持って帰れるというワークショップもあるという。それに、作家のシリーズも販売が検討されているとか……というわけで、ちょっと目が離せないハナシになっているのだ。


シリーズ第1作:バルタン星人
シリーズ第2作:ウルトラマン、その人
シリーズ第3作:カネゴン

シリーズ第4作:ピグモン。ガラモンじゃないからね!
こちらは九谷焼の小鉢。アイスラッガーだ!

原文:Ultra Characters Recreated Using Kutani Techniques [2/2]

関連キーワード

円谷プロ | 伝統工芸 | 陶器 | ウルトラマン


© Tokyo Otaku Mode Inc.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる