ニュース
» 2013年02月24日 09時00分 公開

匠の技が新たな命を吹き込んだ「ウルトラ九谷焼」[2/2]ウルトラマン×伝統工芸

世界を代表する特撮シリーズと、とある地方都市のコラボレーションの物語。

[TokyoOtakuMode]
tokyoOtakuMode

 九谷焼のふるさとである石川県能美市は、昨年に市制7周年を迎えた。ウルトラファンのみんなは『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』の製作に参加していた脚本家、佐々木守(1936-2006)を知っているかもしれないが、実はこの能美市(旧根上町)の出身なんだ。ま、それにしても能美市はウルトラヒーローたちよりずいぶんと若いんだけどね。

 そんな能美市と、人気の特撮シリーズとの関わりは、円谷プロとのコラボレーションで2004年に小さなテーマパーク「ウルトラスタジアム」をオープンさせたことにはじまる。いったんは2007年に閉鎖されたウルトラスタジアムだったが、存続を求めるファンの声は強く、翌年には再開している。つまり、能美市は「ウルトラ市」を目指しているわけだ。

 市制7周年を記念して、能美市ではウルトラ「セブン」に引っ掛けたイベントがいくつも開催された。その人気たるや凄まじく、そこで九谷焼によるオリジナル作品として、ベテラン作家の手になるバルタン星人、ウルトラマン、カネゴン、ピグモン……という一連のシリーズが製作された。しかしウルトラマンが最初の一作でなかったんは、なぜなんだろう?

 そして今年、新たな展開として若手女性作家による製作となったのが、ウルトラセブン、エレキング、メトロン星人というわけだ。しかも能美市に出かければ、白磁のフィギュアに自分で絵付けをして、焼き上げて、自分だけのウルトラ九谷焼を持って帰れるというワークショップもあるという。それに、作家のシリーズも販売が検討されているとか……というわけで、ちょっと目が離せないハナシになっているのだ。


シリーズ第1作:バルタン星人
シリーズ第2作:ウルトラマン、その人
シリーズ第3作:カネゴン

シリーズ第4作:ピグモン。ガラモンじゃないからね!
こちらは九谷焼の小鉢。アイスラッガーだ!

原文:Ultra Characters Recreated Using Kutani Techniques [2/2]

関連キーワード

円谷プロ | 伝統工芸 | 陶器 | ウルトラマン


© Tokyo Otaku Mode Inc.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/10/news103.jpg エレベーターで小学生姉弟がハグ→理由を聞くと…… マスクを忘れた子どもの対処法を描いた漫画に胸がぎゅっとなる

先週の総合アクセスTOP10