ニュース
» 2013年03月01日 00時18分 公開

黒川文雄・飯田和敏らによる新作ゲーム「モンケン」発表 インディーズゲームとして今夏リリース日々是遊戯

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき誰でも改良や二次創作を行えるようにする。

[池谷勇人,ITmedia]

 黒川文雄・飯田和敏・中村隆之・納口龍司ら「チーム・グランドスラム」が開発中の新作ゲーム「モンケン」が2月28日、黒川氏主催のイベント「黒川塾 六」の中で発表された。PC、スマートフォン、タッチデバイス向けソフトとして、今夏のリリースを予定する。

画像画像

 タイトルの「モンケン」とは、ビル解体などに使われる、クレーンの先に重い鉄球をつり下げたもののこと。テロリストたちがたてこもったビルをこの「モンケン」で破壊し、人質たちを救出するのがゲームの目的となる。アイデアのモチーフはあの「あさま山荘」人質籠城事件。「既存の建築物を破壊する」という非日常的な光景を、エンタテインメントの世界として昇華できないだろうか――と考えたのが開発の動機だそう。

画像画像

画像画像

 また、本作は大手資本に頼らない“インディーズゲーム”としてリリース予定。さらにフリーカルチャーの精神に基づき、ゲームのソースや素材を一般に公開。非営利でなおかつ作品のクレジットを表示していれば、誰でも自由にゲームを改良したり、派生コンテンツを開発したりできる(クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの「表示・非営利・継承」に基づく)。またゲーム自体もまだ開発中のため、現在進行形でプロジェクトを手伝ってくれるメンバーも募集中。イベントの様子はニコニコ生放送でも中継されていたが、さっそくTwitterで「エフェクトがしょぼいので私が作ります」と名乗り出る人もいたようだ。

画像画像

画像画像

 この日の黒川塾では「フリーカルチャー」をテーマにトークを実施。フリーカルチャーとは、作品やコンテンツを何でもかんでも著作権でがんじがらめにするのではなく、作者が望む形で配布・公開することで、より自由な創造を推進しよう、という運動のこと。ゲームでもMODや二次創作などから思わぬ作品が生まれることがあるが、改良や二次創作を公式に認めることで、本作が今後どのように広がっていくかに注目したい。

画像 イベントを主催した黒川文雄氏

画像 チーム・グランドスラムの4人と、この日ゲストとして参加したドミニク・チェン氏(中央左)、津田大介氏(中央右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響