ニュース
» 2013年03月05日 18時17分 公開

宮崎監督が3秒でOKを出した舞台版「もののけ姫」 せりふは英語、タタリ神はパペットで(1/2 ページ)

「誤解を恐れずに言いますが、変なもののけ姫を見てみたいんですよ」と鈴木敏夫プロデューサー。

[宮本真希,ITmedia]

 イギリスの若手劇団「Whole Hog Theatre」(ホール・ホグ・シアター)による舞台「Princess MONONOKE〜もののけ姫〜」が4月29日から日本でも上演される。宮崎駿監督が自作の舞台化を許諾するのは初めてだ。ただし脚本や演出にスタジオジブリはノータッチ。「許諾するというのは相手を100%信頼すること。途中でシナリオを見せろっていうのは信頼じゃないですから。全部あなたに任せる。そういうことです」と、スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーは語る。

画像 鈴木プロデューサーとアレクサンドラ・ルターさんとこだま

 舞台版もののけ姫は、タタリ神やこだまといったキャラクターをパペットで表現する。パペットは3人がかりで操るような大きなものもあるという。人間のキャラクターは15人の役者が75人を演じ分ける。せりふは英語のため、日本では字幕付きで上演する。楽曲は、久石譲さんによるオリジナル音楽を舞台用に編曲したもの。構成・演出はホール・ホグ・シアターの創設者の1人で、アートディレクターのアレクサンドラ・ルターさんが務める。

画像

 イギリスでは4月の公演チケットが72時間で完売。さらに6月の再演チケットは4時間半で完売し、劇場の記録を塗り替えるなど注目を集めている。「誤解を恐れずに言いますが、変なもののけ姫を見てみたいんですよ。イギリスの人がもののけ姫を見てどう思ったのかをそっくりそのまま見せてほしい。こじんまりまとまったものじゃなくて、破綻を来してもいいから面白いものを」と鈴木プロデューサーの期待も高いようだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する