ニュース
» 2013年03月15日 20時11分 公開

観光庁がMMD杯の選考委員になった理由 心を動かした1本の初音ミク動画とは

JR仙石線に乗って旅する初音ミク――1本のMMD動画が観光庁の心を動かしました。

[ITmedia]

 フリーソフト「MikuMikuDance」(MMD)を使用した動画コンテスト「第10回MMD杯」の結果がこのほど発表されました。今大会は、観光庁やファミリーマートといった選考委員の顔ぶれがカオスな点も話題になりました。現在、公式サイトでは総評が公開されており、観光庁の“中の人”が自ら参加した理由を説明しています。

画像 観光庁の総評

 観光庁が選考委員を務めることになったきっかけは、1本の動画でした。それが前回(第9回)の「Mitchie M賞」を受賞した「トウナ ステイション 〜或る日常の風景〜」。東日本大震災の影響で現在も一部区間の運転を見合わせている、JR仙石線(宮城県)の在りし日をCGで描いています。沿線の風景などがリアルに再現され、視聴者からは「一瞬MMDだってことを忘れる」といったコメントも。電車に揺られる初音ミクがかわいいです。

画像 ミクダヨーさんもいます

 この動画を見て、観光庁の“中の人”は「2年前の3月11日に失ってしまったもの、これからこの国が取り戻していかないといけないもの」に思いを馳せ、「作品に表現するということの力の偉大さ、創造力」に圧倒されたそうです。その思いは、第10回に投稿された作品を見ても変わっておらず、「作品の1つ1つが大きな説得力を持っていました。観光庁の言葉の弱さを痛感しました」とつづっています。

 震災後「義援金でなくても、ボランティアでなくても、旅行や仕事で被災地に行くことが復興につながっていくんだ」というメッセージを国民に発してきた観光庁。総評の最後では「MMD杯を愛する全ての方へ、お願い」として「被災地に行こう。旅行でも、仕事でも。被災地に行こう。そんなメッセージを皆さんの作品の力で伝えてください。観光庁の言葉だけでは、まだまだ足りないんです。どうか皆さんの力を貸してください」と呼びかけています。

 なお、第10回の観光庁賞には「世界の果てを探した男」が選ばれました。「このちょっと不思議な作品に落ち着きました。みんなが世界の始まりを歩き続ける、そんな国でありたいですね」(観光庁の寸評より)。

※追記:公式サイトにあわせ、表現を「審査員」から「選考委員」に修正しました



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響