ニュース
» 2013年03月19日 00時28分 公開

プログラマー・岩田聡の“伝説的エピソード” 「MOTHER2」復活対談で裏側明かす

任天堂ファンには有名な“アレ”の裏側を、糸井重里さんとの対談の中で語っています。

[ITmedia]

 Wii Uのバーチャルコンソールで「MOTHER2 ギーグの逆襲」が配信されるのを記念し、ほぼ日刊イトイ新聞のサイト上で、「MOTHER2」作者の糸井重里さんと、任天堂・岩田聡社長の対談が掲載されています

 岩田社長と「MOTHER2」と言えば、任天堂ファンにとっては「これをこのまま作るなら2年かかります」という、もはや伝説的と言ってもいいエピソードで有名。対談ではその「伝説」が生まれた背景についても触れています。

画像

 当時開発が難航し、ほとんど頓挫しかかっていた「MOTHER2」のプロジェクトを立て直すため、プログラマーとして開発現場に送り込まれた岩田社長。そのころすでに開発スタートから4年が経っていたにもかかわらず、ほとんど動かせる形になっていなかった「MOTHER2」を見て、岩田社長は「このままではできないと思います」と断言します。そして出てきたのが、あの有名な言葉。

岩田社長「いまあるものを活かしながら手直ししていく方法だと2年かかります。イチからつくり直していいのであれば、半年でやります」

 かくしてプロジェクトに参加することになった岩田社長は、「とりあえずちょっと動かしてみます」とデータを持ち帰り、1カ月でマップがスクロールするところまで持っていき、本当に半年で全部動くようにしてしまった。最初にゲームが動いているのを見た糸井さんやスタッフの面々は、揃って「う、動いてるぅっ!」と、“異常なテンションで”驚いたのだそうです。

 対談は3月18日、19日、20日と3日に分けて更新される予定。ほかにも、こちらは糸井さん側の伝説として有名な「タコけしマシン」の発明など、「MOTHER」シリーズファンには嬉しいエピソードも出てきています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響