カプセルトイ「ガチャ」開発の秘密を聞いてきた!(※ボツネタ含む)「ガチャ」はこうして作られる(2/3 ページ)

» 2013年03月19日 11時34分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「ガチャ」ができるまで

―― なるほど。キャラクター製品だけでなく、オリジナル製品でロングセラーシリーズを持っているというのは強いですよね。ところで、普段見られないボツ企画も見せていただけると聞いて楽しみにしてきたのですが。

羽場氏 ちゃんと用意していますよ! ただ、ボツ企画をお目にかける前に、「ガチャ」の企画がどのように製品になるのか、というのを説明したほうが分かりやすいと思います。ボツにもいろいろありますので。

 まず最初に、各担当者がテレビ、雑誌、Web媒体、スマートフォンのアプリ、もうあらゆるものにアンテナを張り巡らして企画を考えます。ちなみに私は、新婚旅行中に企画を思いついたことがあります。

 そして、各担当者が考えた企画は月1回、2日間かけて行われる、「企画会議」に提出されます。参加するのは、企画開発者と営業担当者がメインなのですが、企画が出したものに営業がダメ出しをするようなことは少なくて、「もっとおもしろくするにはどうするんだ?」という議論がかわされることが多いですね。「これはストラップじゃなくて、フィギュアのほうがウケルだろう」とか。

画像 「大人の事典大百科 ボディビルコレクション」の企画書。企画書での名称は「ボディビルダーフィギュアコレクション(仮)」

羽場氏 そこで「おもしろい」「イケル!」となった企画が「商品決定会議」にかけられます。これは「企画会議」よりも、もっとシビアに、実際にかかるコストや採算の取れる受注数量があるのかなどが考慮され、本当に製品化するかどうかが決定されます。「商品決定会議」で製品化が決定すると、そこで製品化がスタートするわけです。

 製品化がスタートすると、フィギュア製品であれば、型を作るための原型制作に入ります。だいたい1つの企画が製品になるまで、半年ぐらいかかりますので、常時、担当者1人当たり、10から18ぐらいの企画が同時進行していることになります。

 この原型が仕上がったときというのが、かなりテンションが上がる瞬間です。まだ彩色はされていないのですが、今まで二次元のイラストだった自分の好きなキャラクターが立体化するというのは、何度、経験しても嬉しいものなんですね。

画像 「大人の事典大百科 ボディビルコレクション」の原型。原型が仕上がってきたときが、企画開発作業をしていていちばんテンションが高くなる瞬間だそうだ

羽場氏 それで原型をチェックして、版権元がある場合にはそれをチェックに出します。海外の映画関係などが大変なのですが、画像でよければ画像を送り、実物が見たいということであればサンプルを送ります。

 原型のチェックが終わってOKだということになって、サンプルや製品ポップなどを作成し、「ガチャ インフォメーション」、我々は「受注書」と呼んでいますが、最後のページが注文書になっている問屋さん向けの冊子ですね、その図案の用意をします。

 実は原型制作と同じぐらい、「受注書」の図案制作も大事なんです。どんなによい製品でも、受注書でよく見えないと発注が来ないわけですから。それでまた、普通の玩具広告と違って「受注書」は一般のお客様が見るのではなく、ご年配の方もいらっしゃる問屋のご担当者向けなので、字を大きく分かりやすくしたり、売れているシリーズの第何弾であるとか、過去の売上げはこれだけあったとか、「おもしろさのアピール」だけでなく「データで攻める」という独特な作り方をしています。

画像 製品となった「大人の事典大百科 ボディビルコレクション」。100円のシリーズは、200円のものに比べてコストがシビアなので、開発にはより厳格なコスト管理が必要となるという。上の8体が「コンテストver.」で、下の8体が「ポージングオイルver.」だ

画像 こちらは「大人の事典大百科 ボディビルコレクション」POPの校正刷り。POPは、「ガチャ」筐体前面にセットされる、いわば製品の顔。売上げを左右する、製品と同じぐらい重要なものだ

ボツ企画になる理由

―― ありがとうございました。「ガチャ」制作の裏側がよく分かりました。タカラトミーアーツの皆さんは、ノリのよい方ばかりという印象だったのですが、決してノリだけで仕事しているわけでないんですね(笑)。

羽場氏 ノリがよいのは認めますが、ノリだけでないのが分かってもらえてよかったです(笑)。それでは、制作過程を理解していただいたところで、ボツ企画を紹介します。まずは、もうこれは明らかにボツだろうと、自分でもそう思ってやっていたという「ゾンビ」シリーズですね。

画像 羽場氏が大のゾンビファンとのことで、フォトショップでPOP案まで作ってしまったという「ゾンビ」シリーズ企画。モザイクがかかっている部分には、氏がネット上で収集した著名人の画像などがふんだんに使用されている豪華キャスト版だが、企画段階なのでもちろん使用許諾はとっていない

―― あれ、これは通常の企画書という感じではないですね?

羽場氏 この企画は「絶対通らないだろうな」と確信があったんですが、夜中に作業していたら異様に楽しくなってここまで仕上げてしまいました。これは「ガチャ」の機械に入れるPOP(ポップ)なのですが、本来、POP案を作るのは製品化が決まった後です。

東氏 えっ!? ずいぶん熱心だったし、POPも「よくできているな」と思って見ていたので、「ダメだ」と思ってやっていたとは思いませんでしたよ(笑)。

羽場氏 そこはほら、ウチはとりあえず、いろんな企画、数を出してナンボというところがあるじゃない。何作も何作も続いているシリーズもののロボットアニメとか、マンガ原作の某人気アニメとか、ロングセラー絵本原作のアニメキャラみたいな、強力な定番版権もののシリーズがいっぱいあるわけじゃないから(笑)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」