ニュース
» 2013年03月21日 14時03分 公開

海の中で一晩過ごせる!? 魚を間近で眺める夢のようなスイートルームに潜入!カーテン開けたら魚がウヨウヨ

シンガポールに昨年12月にオープンした世界最大級の水族館の中に“巨大水槽を眺めることができるスイートルーム”があるという。オープン以来、週末はVIPたちがこぞって滞在するという豪華スイートに潜入取材した。

[ITmedia]

 「とにかく水族館が大好き」という人なら「1日中魚たちを眺めながら過ごせたらどんなに楽しいだろう」と一度は考えたことがあるはず。そんな水族館フリークの願いをかなえる夢のような施設がシンガポールにあるのをご存知だろうか。

 シンガポールの中心地からタクシーでおよそ15分のセントーサ島にある「Resort World Sentosa」に、昨年12月にオープンした海洋水族園「Marine Life Park(マリン・ライフ・パーク)」。そのマリン・ライフ・パーク内にある「S.E.A Aquarium(シー・アクアリウム)」の「Ocean Suites(オーシャン・スイート)」は“全客室から世界最大級の巨大水槽が眺められる”という世界でも珍しい宿泊施設だ。

 シー・アクアリウムは総水量4500万リットル以上、800種10万匹が生息する世界最大級の海洋水族館。「S.E.A」=「South East Asia」の名の通り、東南アジアからアフリカ大陸へと続く海を10のゾーンに分けて表現し、それぞれの海で生きる生物たちの様子を紹介している。

エントランスの水槽にはカリマタ海峡とジャワ海の様子を表現。魚礁の役割を果たす沈没した難破船も

 その中心となるのが幅36メートル、高さ8.3メートルの巨大水槽パネル。自然光を取り入れた水槽の中にはマンタ、トラフザメなど色鮮やかな海洋生物などが生息し、悠々と泳ぐ姿は壮観。

アクリルでできたパネルの厚さはなんと70センチ。総水量1800万リットル、5万匹の海洋生物が生息する(Resort World Sentosa elements and all related indicia TM & (c) 2013 Resorts World at Sentosa Pte.Ltd. All Rights Reserved.)

 その巨大水槽から見える窓が全11室の宿泊施設「オーシャン・スイート」。オーシャン・スイートでは客室まで専用のバギーでご案内。バトラー(執事)も24時間態勢で待機。食事は部屋か隣接のホテルで取ることができる。ホテルのスイートルームと同じサービスを受けられる。

客室への入り口は人目につかない場所ながら、南国らしい開放的な雰囲気も感じる

 扉を開けたとたんにアロマの香りが漂う客室は2階建てのメゾネットタイプ。開放的なアウトドアの滞在をイメージした2階はリビングとバスルームと屋外ジャグジー。ウェルカムフルーツとスイーツも用意されている。サービスは高級ホテルそのものだ。

室内は波をイメージしたカーペット、コーラルグリーンとアクアマリンの色を基調に自然をモチーフとしたデザインが特徴(Resort World Sentosa elements and all related indicia TM & (c) 2013 Resorts World at Sentosa Pte.Ltd. All Rights Reserved.)

 そして1階のロールカーテンを徐々に開けていくと、そこには…

ボタン一つで開閉自由なロールカーテン

 ジャジャーン!! 巨大水槽登場!! まるで自分が海の中に潜っているような気分を味わうことができる。

床から天井まであるアクリルパネルを通して5万匹の海洋生物を楽しめる(Resort World Sentosa elements and all related indicia TM & (c) 2013 Resorts World at Sentosa Pte.Ltd. All Rights Reserved.)

 巨大水槽と向き合うようにダブルベッドが置かれ、水槽の前にはバスタブ! マリン・ライフ・パークに隣接する世界的高級スパ「ESPA(エスパ)」のアメニティーをぜいたくに使って巨大水槽をのんびり眺めながら優雅なバスタイムを満喫できる。

自然素材を使った「ESPA」のアメニティー

 ん!? いや、待てよ。ということは、水槽越しに宿泊客の素っ裸がほかのお客さんに見えちゃうじゃないか? それは心配ご無用。実は、客室内のライトの明るさが自動的に制限されていて、一定の明るさ以上にはならないので、お客さん側からは室内の様子は見えにくくなっている。

 これなら室内を生まれたままの姿でウロウロしていても大丈夫(笑)。逆に魚たちの視線が気になるときはカーテンを閉めればオッケー。

 実はこの巨大水槽には、まだまだ魚が追加されるのだそう。今宿泊して、また数カ月後にリピートしても、全然違った水槽の様子が見られるというのも面白いかも。

 しかし気になるのはお値段。1泊なんと2400シンガポールドル(18万円強)から。スイートルーム同等のサービスも受けられて、夢のような時間を過ごせるなら、この値段そんなに高くはない……かも!?

取材・撮影・文 / 大井あゆみ

編集協力 / 岡徳之


関連キーワード

ホテル | リゾート | 水族館 | シンガポール


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」