ニュース
» 2013年03月25日 22時50分 公開

「忘れられないアホ毛がある」―― 伝説のデザイナー・南向春風氏に「アホ毛ちゃんばら」の原点を聞いた

「アホ毛で戦う!」という世にもアホなコンセプトで話題沸騰のiOS用ゲーム「アホ毛ちゃんばら」。その企画とデザインを担当した南向春風氏に、アホ毛についていろいろ聞いてみた。

[ゲームキャスト・トシ,ITmedia]

 “アホ毛で戦い、負けた相手のアホ毛を抜き去るバトルゲーム”としてネットを騒がせた、iOS用アプリ「アホ毛ちゃんばら」(紹介記事)がリリースされた。デザイン・企画を担当したのは、イラストレーターであり、現在はゲーム開発会社エムツーに所属する南向春風(なみかい はるかぜ)氏。古くからのゲームファンには、同人ゲーム「GLOVE ON FIGHT」や「RAGNAROK BATTLE OFFLINE」の人、と言えば「あの人か!」と思ってもらえるだろう。

 今回は「アホ毛ちゃんばら」リリースを記念して、なぜアホ毛で戦うのか、そもそもどうやってこんなゲームを思いついたのか、南向氏にお話をうかがってきた。

忘れられない3つのアホ毛

―― アホ毛で戦うというアイデアはどこから?

南向春風(以下、南向) アホ毛という概念が生まれたころから「これで戦わせたら面白い」と思っていたんです。

―― そんなに早くから。

南向 アホ毛だけで戦ったら、新しい戦い方ができそうだなと。手も使わない、足も使わない、己のアホ毛だけで戦うってところにロマンがあるというか。

―― そのころからゲームにしようと思っていたんですか?

南向 最初は例によって、またウソ動画のネタに(※)しようと思っていたんです。もう10年以上前のことですね。

※「GLOVE ON FIGHT」も「RAGNAROK BATTLE OFFLINE」も、もともとはジョークで作ったFlashが元ネタ

―― かなり昔ですね。

南向 そのときはアイデア止まりで結局やらなかったんですが、それを今になって企画として出したら通ってしまったという。

画像画像 アホ毛を武器にライバルと戦え!

―― 南向さんをアホ毛に目覚めさせたのはなんなのでしょうか?

南向 (熟考して)そうですね……。忘れられないアホ毛が3つあります。

―― 忘れられないアホ毛。

南向 1つ目は「痕(きずあと)」(Leafが1996年に発売したアダルトゲーム」に出てくる、初音ちゃんっていうキャラですね。昔、初音ちゃんのアホ毛がコンクリートに刺さる絵を書いたことがあるんです。思えばアホ毛を武器として認識したのはあれが最初ですね。

―― このころからもう武器にしてたんですね。

南向 2人目は、氷川へきるさんの「ぱにぽに」に出てくる姫子。「痕」のころはアホ毛という概念がまだ浸透していなかったので、一番最初に「アホ毛キャラ」として意識したのはこのキャラですね。あのアホ毛がまたよく動くんです。アホ毛を抜かれそうになったりするのも良かった。

―― アホ毛を抜く!

南向 最後は「Fate」シリーズのセイバー。セイバーのアホ毛ってなんだか触ったらキレそうですよね。セイバーも同人やアンソロでアホ毛を武器にしているネタがあって、ああ、同じことを考える人がけっこういるんだなと。

―― アホ毛で戦って、抜いて……。この3人が「アホ毛ちゃんばら」の原点みたいなものですね。

南向 そういえば、そうなりますね(笑)。

画像画像 戦いの合間に挿入される会話デモはちょっと「ぷよぷよ」っぽい

お気に入りのアホ毛は?

―― ゲーム中に出てくるアホ毛のデザインは南向さんが?

南向 僕1人ではなくて、元Leafのろみゅさんという方が半分以上デザインしてくださいました。僕は「寄生獣」みたいなのとか、いろいろ変わったものを中心にデザインしました。

―― 2人でデザインされたんですね。

南向 ろみゅさんもとんでもないものをいろいろ発明してくれて。象のアホ毛で「象毛」とか。

―― (もしかして象牙とかけているんだろうか……)個性豊かなアホ毛のなかで、特にオススメのアホ毛はありますか?

南向 2番目に書いたアホ毛なんですが、「サソリ毛」ってのが気に入ってます。デザイン的にもキレイで、なおかつ今までにないアホ毛かな、と。ありそうでなかったアホ毛だと思います。

画像画像 話題の「象毛」と「サソリ毛」。サソリ毛はちょっと三つ編みっぽい

―― デザイン以外の部分にもタッチしているんですか?

南向 企画は僕なんですが、ゲーム部分を作ったのはディレクターの並木(学)です。なのでどのように戦わせるかについては、僕が自分で考えたわけではなくて。考えたのが10年前ですから、実際にプレイしてみて「これがゲームになるんだ」とびっくりしましたね。

―― 不思議な感慨がありそうですね。

南向 僕が関わるゲーム(「GLOVE ON FIGHT」や「RAGNAROK BATTLE OFFLINE」など)って、必ず最初は嘘ムービーから始まって、それからゲームができていくという流れだった。でも今回はできあがってからムービーを作ったので、そこがちょっと新鮮でした。絵にゲームを合わせるのではなく、ゲームに絵を合わせるのは初めてでした(笑)。

―― 最後に、プレイヤーの皆さんに一言お願いします。

南向 もう、予想外なアホ毛と、予想外な展開が待っているのでぜひ最後までプレイしていただきたいと思っています。最後の戦いは僕も予想外でした(笑)。

―― ありがとうございました。

画像画像 ほかにも多数のアホ毛が登場。ヒマワリ毛の説明文が……

アホ毛で戦うロマンを

 南向氏の10年越しの思いが詰まった「アホ毛ちゃんばら」はApp Storeにて配信中(ダウンロード無料・ステージ2以降は250円でアンロック)。ぜひ、アホ毛で戦うロマンを感じとってみてほしい。3月26日からゲームのサウンドトラックも無料配信予定とのこと(気に入ったらおひねりを投げる方式)。

 なお、iPhoneゲームニュースサイト「ゲームキャスト」では、ディレクター・並木学氏へのインタビューも掲載中。こちらも併せてどうぞ。

画像 「アホ毛ちゃんばら」公式サイト

(C) MMXIII M2 Co., Ltd.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」